抜け毛が秋に多い!原因は遺伝?薄毛の検査で進行状況チェックと対策

季節は秋。は洗髪やブラシで髪を解くと髪が抜けやすくなります。自分の抜毛を見ると不安になりますね。朝の情報番組で抜毛の情報を放送していました。今まで知らなかった最新の情報と、わかりやすい説明で大変に役立ったので、それをもとに備忘録としてまとめてみました。

スポンサーリンク

抜毛が秋に多い原因は?

秋の抜毛の原因は夏のダメージです。
紫外線、暑さ、汗 は、髪の毛に直接ダメージを与えます。
夏バテ、食欲不振 は、栄養不足を招き秋の抜毛の原因となります。

毎日、抜毛をチェックしよう!

朝起きたときに枕元を、シャンプー後のお風呂の排水口を、チェックしましょう。一日50~100本の抜け毛なら正常です。洗髪で30~80、乾かすときにバスタオルやドライヤーの影響で20本くらい抜けるようです。人間の髪の毛は10万本有り100本抜けたぐらいでは影響は有りません。また生えてきます。問題になるのは、日に日に抜け毛が増えている、あるいは目立って抜ける本数が多い時は異常、と判断します。

抜け毛のどんな状態が危険なの?

毎日の抜毛が100本以下でも、抜毛の質が大事になります。問題の無い大丈夫な抜毛は、長い毛、硬い毛です。反対に、危険な抜け毛は、短い毛、柔らかい毛です。長い・硬い抜け毛は、髪の寿命5年を全うしたものであり抜けても問題は有りません。通常は成長し始めて2年から5年くらいで退行期に入り、毛根が退化して寿命を終えた毛が抜けます。しかし、短い・柔らかい抜毛はまだ成長途中の毛髪でまだこれから伸びていくのに、抜けているのことが問題です。これを「退縮」といって、短い・柔らかい抜毛を見つけたら要注意です!

薄毛予防で、日常生活に気を付けることは?

睡眠時間は5時間以上 一日の合計時間でOKです。
ストレス、喫煙、過度なダイエットは避ける。
シャンプーの時に爪を立てない、指の腹で洗いましょう。
バランスの良い食事を取る
牛もも肉、納豆がおススメです。理由は良質なタンパク質ビタミン・ミネラルが豊富ということです。良質なタンパク質は毛髪をつくるために必要な原材料となります。ただし、ビタミン・ミネラルが無いと合成できないので、この両者を兼ね備えている食材がおすすめということです。

頭皮の簡単チェック法と、薄毛の進行状況を知る!

頭部を両手で五本の指を立てて触ってみてください。下記の状態はアウトです。
頭の横の骨が出ている、硬い(鉢巻を巻いたときに当たる横の部分)
頭皮が硬い(両手の五本指で動かしたとき、動きにくい)
両者とも、つむじが引っ張られて頭皮が硬くなっている状態で血行が悪くなり薄毛の原因となります。

現在の脱毛の進行状況を確実にチェックしたい方は、病院で検査できるようです。治療でなく相談・チェックでも来院OKとのことですので心配な方は専門病院に行ってみてはどうでしょうか?

検査はAGA(男性型脱毛症)リスク検査というようで、現在の自分の脱毛の進行状況を、前頭部と頭頂部の毛髪を数本抜いて調べるだけの簡単な検査のようです。薄毛の原因となる酵素の多少を調べるようです。簡単な検査で負担は少ないようです。結果が分かるまで、ドキドキするでしょうね。


スポンサーリンク

薄毛は遺伝する?

薄毛は遺伝するのでしょうか?答えはイエスです。自分の父が薄毛で、自分の母の父(祖父)も薄毛の場合、かなり薄毛のリスクが高くなるようです。男性の薄毛の原因物質に対して、自分の体が敏感かどうかは母方から遺伝すことは既にわかっているようです。

今現在の進行状況を調べるAGA検査と、遺伝子から調べる検査とあるということですね。遺伝子検査はちょっと大変そうですが。

薄毛治療の現状は?

現在の薄毛治療は、脱毛の進行を止めた上で、発毛させるようです。脱毛の進行を止める塗り薬と、発毛させる飲み薬が治療のようです。詳しくは専門病院にお問い合わせください。

難しそう!最先端の毛髪再生医療って?

・ips細胞で毛根再生、
・自分の毛根細胞や幹細胞を増殖させて移植
が、現在、大学や企業で研究されており熾烈な技術開発競争のようです。既に数年先には臨床実験も行われるような段階にも来ているようです。

適正な毛髪の量とは?

たくさん髪の毛が生えれば良いというものでなく、年齢に応じた髪の毛の量が理想なようです。現在の医療ではその人の年齢の平均値の量までは戻せるようで、そこからは生活様式も含め、維持することが大事ということです。

まとめ

自分の毛髪がどうにかなりそうでも、今後希望のもてる話で安心しました。最先端の研究は臓器再生研究にもつながるようでスケールの大きな話ですね。

スポンサーリンク

スズメバチに刺されない対策は黒い服装に気をつける?種類や巣、逃げ方は?

秋の花粉症のアレルギーの原因と症状、対策・予防!怖い病気と関連も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る