ダイエットに効果のボルダリング!スポーツクライミング複合が東京オリンピックの追加種目に決定!

見た目は手足を使うけど、本当は体幹をフルに使いこなせる能力が無いと結果が出ない。ゆえにダイエットにもとても有効である。そんな競技特性を持つスポーツクライミング。今ちまたでは、ボルダリングジムがどんどん出来てきて大人気です。

スポンサーリンク

都市部でも室内のジムはたくさん出来てきたので、会社帰りに1~2時間寄ってみたりとか手軽に通えるのも、一人で出来るのも人気の秘密ですね。

腕の筋力が必要だから私には無理!と、おっしゃられる方が多いのですが腕力はあまり必要が無く、先にも書いたとおり体幹能力が試される競技なので、”うまくなる=身体が変化”していきます!

というより、うまくなってきたらダイエット効果よりもボルダリング自体がとても楽しくなってきます!実際、続けていられる方はそのように言われる方がすごく多いですよ。

私の経験では、初めのうちは当然ですがうまく登れません。その時はすごく自分の身体が重く感じます。それ故、登りたいために積極的に食事を工夫したりして体重を減らそうともしていました笑。登れなくても登れても、それなりに結果が出るように私には思えますが、どうでしょう?

そんなスポーツクライミングが今日、東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会より、2020年の日本で開催される東京大会の追加種目に決定したと発表が有りました。IOCへの提案ということで、最終決定ではなさそうですが、ほぼ決まりって感じです。

野球やソフトボールは決まるだろうな、とは思っていましたが、クライミングやスケートボードまで決まるとはびっくりでした。私自身、学生時代に野球やソフトボールをしていたので、今でもそれらの競技を観戦するのは大好きです。過去のオリンピックでは盛りあがりました。

スケートボードは一回やってひっくり返りそうになって、怖くてそれきりやっていませんが、クライミングはここ数年趣味の一つとして楽しんでいますので今回追加種目に決定したことに大変興奮して喜んでいます。


スポンサーリンク

クライミング競技は、分類すると
・リード
・ボルダリング
・スピード
と、三種類にわかれます。

リードは、決められた時間内にどれだけ高い到達点まで登られるかを競い、ボルダリングは、いくつかの壁を自分でルートを工夫して一定時間内に到達点までたどり着けられるか(たどり着かなくても途中のポイントをゲットする得点も有る)を競います。
最近人気のボルダリングジムで出来るのはこれです。

スピードは、一定の高さをよーいドンで登りはじめ到達点までの速さを競います。

今回提案されているのは、複合という上記を組み合わせた競技になるみたいですね。

一人の選手が、リード・ボルダリング・スピードの全種目を行い各競技の得点を合計して競い合うようです。具体的にどのような得点配分になるかとかは分かりません。

この夏リオオリンピックで体操の内村選手が、「種目別」でなく全種目総合得点の「総合競技」で金メダルを取りましたが、あのような形と思われます。

しかし、日本はボルダリングの競技レベルが非常に高いので期待が持てて楽しみですね。
団体戦が有れば、金メダル確実だと思います。

先月もBSで、ワールドカップ中継していました。これからもテレビでの放映がますます増えてきそうで楽しみですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

2017.9.11

クリスマス2017年穴場デートスポット東京編!イルミネーションやディナーも紹介!

2017年の冬の季節のビッグイベント・クリスマスももうすぐ。首都圏・東京周辺のクリスマスは、ロマンチックな雰囲気や人気イルミネーションのデー…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る