紅葉の休暇村帝釈峡で広島ぶちうまバイキングと神龍湖遊覧!

午前中に三段峡を見物後は一路、帝釈峡に向かいました。「国民休暇村 帝釈峡」に夕方5時過ぎに到着です。ここは、敷地が広い、とにかく広~い。場所は神龍湖の高台にあって見晴らしもとても良いです。屋外施設として、コテージ・キャンプ場・ウォーキングコース・テニスコート・体育館・日本グランドゴルフ協会公認コース(休暇村帝釈峡のグランドゴルフ大会が行われているらしい)・芝生広場(本館前の斜面では、芝ソリすべりができます( ソリのレンタルもあり)と盛りだくさん!

スポンサーリンク

駐車場のすぐ外枠が芝生広場で大きな岩が点在(ミニ秋吉台かと思った笑)しています。年齢忘れて、童心に戻り走り回りたくなりました。今回の旅では、愛犬はお留守番で家においてきましたが、ここでドッグランさせてやりたかったなぁとしみじみ思うようなところです。(しても良いかは知りませんが・・・)

宿に到着後はお風呂に入りました。中国山地を眺めながらの露天風呂もあり景色も良く満足です。

夕食は、約50種類の「広島ぶちうまバイキング」。広島名物中心の食事で、牡蠣あなごなど堪能しました。翌朝のバイキングも美味しかったです。休暇村はどこへ行ってもはずれが無いので、安心ですね!

朝出発後は、神龍湖の遊覧船に乗ります。
帝釈峡神龍湖国定公園帝釈峡内に位置する周囲24キロメートル、全長8キロメートルの人造湖で
今の時期は、紅葉が大変綺麗だそうです。

スポンサーリンク

駐車場から船乗り場まで少し歩きます。その道中でも、すでに紅葉が綺麗で歩き疲れしません。
船は約40分、湖を遊覧します。ダムまで行って帰ってくる往復コースなので
左右どちらの席でも、同じ景色が見えます。船中にトイレは有りませんので事前に行っておきましょう。

湖面に紅葉の景色が反射して写っているので写真撮るには最高の状態。おまけに朝霧が出ているので
申し分ないです。日が出ていれば最高なのですが・・・。雨が降っていないだけマシかもしれませんね。

遊覧の後は、帝釈峡へ向かいます。途中、帝釈天永明寺に寄って行きました。
帝釈天に由来のあるお寺だそうです。見るからに古い建物で立ち入り禁止になっています。
断崖絶壁を後ろに建つお寺で一見の価値有りです。

この後は、お目当ての帝釈峡です。しかし雨がひどくなってきました。
とりあえず「白雲洞」を見物。そのあともかけ足で国の天然記念物指定の「雄橋」を見て帰ってきました。
急ぎ足ではありましたが晴れた日にもう一度ゆっくり来たいなぁと思わせてくれる景観でした。

広島県三段峡の紅葉はこちら↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

紅葉の広島県三段峡!アクセスと駐車場、見頃はいつ?オススメ宿は休暇村帝釈峡へ

竹田城跡のアクセス・駐車場、雲海を写真に撮るスポットはココ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。




ページ上部へ戻る