冷凍肉を解凍して焼くのはダメ!解凍せずに上手に美味しく焼く方法でダイエット!

炭水化物制限(糖質制限)ダイエットでは、炭水化物を制限して、野菜やタンパク質のお肉等を中心とした食事法を紹介させていただきました。このダイエット法では、お肉でお腹を膨らませるのがポイントになりますので、面倒くさい冷凍肉の解凍をせずに手軽に、しかも実は解凍するよりも冷凍のまままの方が美味しい上手な焼き方を、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

解凍してから焼くと、美味しくない?

料理研究家のkeiさんによると、「実は解凍しない方が誰でも簡単に美味しく焼くことができる」とのことです。たしかに、冷凍肉は解凍してから焼くと、火が通り過ぎてしまって固くなってパサパサになって、美味しくなくってしまいますよね。しかし、解凍せずに焼くと、ミディアムレアの美味しい状態に仕上がるとの事。では、どのようにして焼くのでしょうか?


蒸し焼きで仕上げる

冷凍されたお肉は、そのままフライパンにのせて中火で約2分(厚みで多少違います)蒸し焼きます。裏返して同じように中火で約2分。火を止めてしばらく置いて焼き目がついたら、もう一度肉を裏返して蓋をして蒸らします。蒸らすことで冷凍肉の中まで火が通ります。蓋をあけると、お肉の焼き方でジューシーとされているミディアムレアに仕上がっています。

解凍した肉は、
解凍しているので肉自体が常温なので、焼いたときに表面と中心の温度差が生じにくく、表面が焼けた分の熱がそのまま中に伝わって焼けます。その結果、表面も中も全体に均一に焼けてしまい、固い仕上がりになります。

冷凍されたまま焼いた場合は、
焼いている表面が熱く、中心が冷たいという温度差が生じ、それが肉内の水分を蒸発しにくい状態にさせて、中に水分が留まるのでジューシーな仕上がりになります。表面が焼けて、中がほんのりピンクの美味しいディアムレアの状態ですね。

スライスされたお肉も同様に、解凍しないでそのまま焼きます。美味しくジューシーに仕上がります(蒸し焼きは不要)。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

まとめ 糖質制限ダイエットのコツ

炭水化物制限ダイエットでは、お肉でお腹を膨らませるのが重要なポイントのひとつです。
冷凍庫から出してすぐに調理にかかれるこの方法は手軽です。手軽に出来るということは、糖質制限ダイエットを継続させるための秘訣にもなりますので、「冷凍肉を解凍せずに、手軽に美味しく焼く方法」は、ぜひマスターしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

2017.7.31

ヤマカガシがいる場所や特徴と見分け方・毒の強さは?噛まれたら

日本に生存する有毒の蛇は、マムシとハブと長年言われてきました。近年になって、無毒と思われていたヤマカガシが、実は日本最強の猛毒をもつ蛇という…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る