梅雨の湿気 エアコンは除湿(ドライ)か冷房?節電の設定や使い方は?

6月は梅雨の時期です。

じめじめして暑苦しい時期がやってきました。

窓を開けてみるのですが、じめじめ感は変わりません

では、エアコンをつけようということになります。

いつもこういう時期になると悩むのですが、除湿?ドライ?冷房?

今時のエアコンの設定は、何が一番良いのでしょう?

Sponsored Link

梅雨のエアコンは除湿か冷房か?

真夏じゃないから「除湿」を選ぶことが多いと思います。

実際、除湿を選んでエアコンを運転すると、空気もさっぱりして

涼しくなり快適です。

しかし、「除湿」って「冷房の弱」とどう違うの?

電気代は?

気になったので、調べてみました。

まず、冷房と除湿の定義ですが、

簡単に言うと、

冷房とは、部屋の空気を冷やして「温度を下げる」こと。

除湿とは、部屋の空気の水分量を減らして「湿度を下げる」こと。

ということです。

当たり前の定義ですが、ではどのように機械の中で区別されて

運転されているのでしょうか?

その前に湿度の定義ですが、

湿度とは「空気中にどれだけ水分が含まれているのか」ということで、

水分量が多いと、湿度が高くじめじめしています。反対に、

水分量が少ないと、湿度が低くさらさらしています。

温度との関係では、空気の温度が高いと空気中にはたくさんの水分を含むことが出来ます。

つまり温度が高いと湿度は高くなります。

温度が低くなると、たくさんの水分を含むことが出来ず放出されます。

これは、冷たい飲み物を入れたコップを暑いところに置くとコップに水滴がつくことで分かります。

エアコンの除湿とは、このたくさんの水分を空気の中から取り除くことです。

前述の通り、暖かい空気は水分をたくさん含むので水分を取り除くには、空気を冷やせばよいことになります。

エアコンの中で、取り込まれた暖かい空気を冷やすことによって水分が排出されます。

水分量が少なくなった(除湿された)空気は
部屋の中にさらさらした空気として放出されます。

エアコン内に残った水分はパイプを通して外に放出されます。

これが、除湿の仕組みで「弱冷房除湿」と呼びます。

冷やされた空気をそのまま放出するのでエアコンからは、冷たい空気が出てきます。

空気の温度を下げるので、冷房と基本的には変わらないように思えます。

ただ、冷房は設定温度に近づくと除湿効果が落ちるので
状況に応じて、切り替えるのが良いようですね。

例えば、

真夏に除湿をしても、その効果以上に気温が高いので水分量が排出されず、冷房を使うことになるでしょう。

逆に、梅雨時は気温が低いので冷房を入れると冷えすぎます。
除湿で十分ではありますが、それでも冷えすぎることも有ります。

そんなときは、再熱除湿という方法も最近のエアコンには有ります。
冷やして除湿した空気をもう一度暖めて部屋に送り出すというやり方です。

簡単に説明すると、冷房して除湿した空気を適温に暖房し直して送り出す、ということです

ずいぶん手間のかかることをするのだな、と思いますが
これなら部屋の空気の温度を下げすぎずに、除湿した空気を送り出せます。

気になる電気代は、
電力会社の調査では、24度設定で1時間当たりの電気代が

「弱冷房除湿 約4円」<「冷房 11円」<「再熱除湿 約15円」

の順です。

ここで気をつけなければいけないのは、
弱冷房除湿は電気代が安いですが、再熱除湿は冷房より電気代が高いです(冷暖房両方するので)。

除湿は電気代が安いと、たかをくくらないよう注意
が必要ですね。

ただ、除湿の考え方は各メーカーによって様々なので、上記を基本において、エアコンを購入される際はよく検討されるのが良いと思います。

ちなみに、我が家は三菱の霧ヶ峰の最上機種ですが、このへんは結構あいまいなのですが
(除湿の設定が40%、50%、60%の3つしかない)
快適に使えています。

寒かったら40→50→60と切り替えると、部屋の温度が寒すぎずに調整できます。
逆に40でも暑かったら冷房に切り替えます。

真夏になったら除湿はあまり関係ないですが、梅雨時には以上のことを考慮して使ったら節電にもなりますね。

まとめると、

冷房も除湿も空気を冷やす。除湿は弱冷房。

除湿は2種類有り、再熱除湿は冷房より電気代が高い。
一番安いのは弱冷房除湿。

除湿の仕方はメーカーによって様々なので、検討が必要。

上手に使いたいですね!


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.10.7

京都紅葉の名所・永観堂へ徒歩で行く!穴場・見頃時期・ランキングは?

2016年の夏は暑かったですね。 暑さがましになるといよいよ紅葉の季節です。 紅葉と言えば京都が人気ですが、スポットが多過ぎてなかなか絞…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る