風邪の種類と症状は?発熱や頭痛で眠れない時はどこを冷やすと効果的?

一番身近な病気っていえば風邪が思い当たります。
夜更かししたり、仕事が忙しくて体力が落ちていたりすると割と簡単にかかってしまいますね。

風邪の症状として頭痛発熱鼻水くしゃみ腹痛下痢などがあげられますが、
個人差で違うだけでなく、原因となる微生物(ウィルス細菌)によっても変わってきます。

また、夏風邪とよばれるものや、お腹の風邪とか風邪にも色々と種類が有りそうですが、
どのような違いがあるのでしょうか?

また、どの風邪にも共通する発熱への対処はどのようにすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪で最も多い鼻風邪って?

風邪の原因の80%は細菌ではなく、ウィルスによるものです。
その半分が鼻風邪(ライノ)ウィルスです。
ライノウィルスは高い温度の場所が苦手なので、外気と通じる鼻や喉に感染します。

肺などの器官は温度が高いので感染しにくく、ライノウイルスでは肺炎にはなりにくいです。
細菌には効果的な抗生物質も、ウィルスには効きません。

そのためウィルスにはワクチンという方法で事前に予防するのですが、
インフルエンザのa型、b型の様に型が少なくなく、
ライノウイルスには100以上の型があるので、
あまりにも型が多いためにワクチンは作られていません。

ライノウィルスは鼻水中にウィルスがいるので、感染しやすいです。
しかし、病気の期間は短く、人に移った頃に治るため、
「人に移したら治る」と言われる風邪がこのウィルスのパターンです。

喉の風邪って?

微熱と喉の痛みが主な症状の場合です。
のどの炎症が激しく赤く腫れてヒリヒリする時は溶連菌の感染が疑われます。

溶連菌は細菌なので抗生物質が効きます。
しかしリウマチ熱や急性糸球体腎炎などの
他の病気に移行することも有るので注意が必要です。

上記の鼻や喉の風邪は気道感染によるもので、
上気道と呼ばれる鼻・口・声帯の炎症ですが、
上気道から更に下にある下気道の炎症は気管支炎と呼ばれ、
さらに下の肺の炎症は肺炎と呼ばれ、最悪の事態にも至る怖い病気です。

スポンサーリンク

お腹の風邪って?

微熱に嘔吐、下痢の症状が有るときにこう呼びます。
代表的なものにノロウィルスによるものが有ります。

小児に多いロタウィルスや、他にアデノウイルス(結膜炎の原因でもある)があります。
細菌性の物としては、食中毒があげられます。

微熱・下痢・嘔吐と風邪の症状と似ているので注意が必要です。
カンピロバクター菌が原因の夏の食中毒体験記!実際の潜伏期間と症状、対策を紹介します。

どちらも対策として共通なのは、脱水症状を改善させることです。

夏風邪ってどんな症状?

夏風邪は複数のウィルスが有るため、
呼吸器の症状以外に目や消化器、皮膚の発疹などもあります。
一般的にはウィルス性腸炎(お腹の風邪)のことを呼ぶこともあります。


風邪の治し方のポイントや発熱への対処は?

ウィルスによる風邪は抗生物質が効かず、
いわゆるかぜ薬と呼ばれるものは、解熱や咳を抑えるなどの対症療法になります。
最終的には自分の体力で治さないといけません。

安静と睡眠が一番大事ですが、安静にしていても頭痛が激しいと眠れません。
眠りを確保して体力を回復させるために、
ロキソニンのような鎮痛と解熱作用の有るものを上手に活用すると良いかもしれません。

発熱が激しいときは氷枕も有効と思われますが、
後頭部だけでは効果が少ないため、脇の下や内腿、背中を同時に冷やしてあげると効果的です。

ただし、熱が下がり始めたら寒気がして逆効果なので注意が必要です。

まとめ

最終的な風邪の対策は、免疫力アップが一番と思われます。
冷やすか暖めるか薬を使うのか、状況に応じて臨機応変に対応することが大事ですね。
こちらの記事もどうぞ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

2017.7.8

脇の臭い対策 5分で服の雑菌を退治する方法!

夏になると誰でも脇の臭いや体臭が気になってきますね。 ドラッグストアへ行くと、たくさんの種類のデオドラント商品が置いてあります。 そのな…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る