クリスマスプレゼント2016彼女家族親兄弟友人へおすすめメリノウール靴下 冷え症の方に!

2016年も、クリスマスが目前になってきました!
街も賑わってきて、ワクワクしてきますね。
彼氏や彼女、親兄弟子供さんなどご家族や友人へのプレゼントも、思案する時期です。

スポンサーリンク

クリスマスはの季節。
冬は、冷え症の方にとってはつらい季節ですね。
ほとんどの冷え症の方が、
温かい靴下を探した経験をお持ちだと思います。
色、デザインも大事な要素ですが、冷え症に有効な、
機能的に本当に優れた靴下って、
なかなか見つからないと、思いませんか?
そんな方達に、本当に温かく冷え症に有効な靴下、
メリノウールソックスを紹介したいと思います。

プレゼントにメリノウールって?

メリノウールってご存じですか?
登山を趣味にされている方は、なじみがあるかもしれませんが、
一般的には、まだまだよく知られていないと思います。

羊毛の中でも最高級のウールのことで、
メリノ種の羊の毛のことをそう呼びます。
厳冬期の登山家には必需品です。

厳冬期の登山家の肌は、
全身メリノウールのアンダーウェアで、
被れているといっても過言では無いと思います。

今回、私の
オススメするのは靴下です。商品名は、
「スマートウール」というメーカーの
マウンテニアリングと呼ばれるソックスです。

もっとも太いウール糸を使用した冬季登山用のソックスで、
保温性が最も高く、透湿性があり蒸れず、消臭効果も抜群で、適度な保湿性で足もスベスベになります。

スポンサーリンク

メリノウールには、
汗を吸収する働きと、その水分を放出する働きが有ります。

吸湿放湿両方に優れているということですね。
その結果、適度な水分量に保湿され、保温性にも優れます。
ウールが冷え対策に優れている理由です。

同じ天然素材の綿と比較すると、
綿も同じく汗を吸収しますが、
水分を放出する働きがあまりありません
水分を吸ってはくれますが濡れたままということです
そのまま着用していると、水分に体温を奪われて、カラダは冷えてしまいます

綿は、肌触りが良く、素材も強いので、
安心で人気の素材ですが、水分を放出しないため、
冷え対策としては難点が多いのです。

冬でも、暖房が過度であったり、運動すると汗をかきますよね、
そのたびに、靴下を履き替えるのは非効率です。

せっかく運動しても
をかくと、冷えにつながってしまうということです。

また、
綿は原料が綿花で植物性ですが、メリノウールは動物性です。

メリノウール等の動物性の天然素材は、
自然の環境や外敵から身を守るため、
紫外線対策や抗菌など身体の環境をコントロール
する力に優れています。

抗菌作用によって菌の繁殖を防ぎ臭いも抑えてくれます。

merinosocks2016

臭くならないので私は、一週間くらいなら
洗濯せずに毎日履いていられます
(それでも臭くなりませんが)。
この商品は、家族や親、友人など全部で60足以上紹介しましたが、
ほとんどの方に喜ばれています。

ゆったりつくられているので、
女性の方は、大体Sサイズでいけるようです
(24.0cm位までなら大丈夫そうです)。
※メーカー推奨は、
S 21.0-23.5cm
M 24.0-26.5cm
L 27.0-29.5cm

上記写真の白いタグが2016-2017年、
黒いタグ2015-2016年版です。
どちらも出まわっているようですが、
価格も内容も一緒で色合いが違うだけです。
価格は2808円(税込み)です。

2808円より安いのは、マウンテニアリングでなく
少し薄手のものかもしれませんので、
ご注意ください。

室内用で使う方が多いですが
(蒸れないので睡眠用にも使っています)、
外出用でも、
紐の運動靴なら、日常使用しているサイズのもので大丈夫です。

デザイン面は写真のごとくで、あまり可愛げはありませんが、
靴下としての機能を追い求めているので、
機能面は、自信ありです。

スマートウール社の「マウンテニアリング」は、
メリノウールの靴下の中でも、最高の保温性が有ります。

家族友人なら、普通にプレゼントできますし、
彼女になら、本命プレゼント以外の、
プチプレゼントとしても、
喜ばれると思いますよ。


スマートウール社 マウンテニアリング↓↓↓

レディース用

 

メンズはこちら!

 
こちらもどうぞ↓ ↓ ↓

メリノウール
モンベルのシャツ・タイツもオススメ↓
シルクもオススメ↓
クリスマスのデートスポット↓
2017年は↓ ↓ ↓
スポンサーリンク

関連記事

コメント




ピックアップ記事

2016.9.19

秋の花粉症のアレルギーの原因と症状、対策・予防!怖い病気と関連も!

春先の花粉症もつらいですが、秋の花粉症も同様の症状が出ます。また、思いがけない病気やアレルギーとの関連もあり、場合によっては最悪の事態も考え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る