カビ退治 年末のお風呂掃除に安全で効果的な次亜塩素酸水を使うオススメな方法!

梅雨から秋の季節に、お風呂場の浴槽とかに付いたカビが、
なかなか取れにくくて困ります。
年末の大掃除でカビ退治が必要ですが、

カビキラーなどは、
「混ぜるな危険」の文字がどうしても気になって
掃除せずのままです。

そこで、安全安心な
「次亜塩素酸水」(ノロウィルス対策用にも知られています)を使って、
「混ぜるな危険」を回避して、カビ退治する方法を紹介します。

カビって何?

カビの胞子は人体には有害なので、早めに除去することが肝心です。

一般に、家庭の中に存在するカビは10数種類といわれ、
我が家で一番目に付くのは、浴槽です。

浴槽につくカビはクロカビが主になります。
Sponsored Link




カビは、
温度が25度以上で、
湿度が80%超える
と特に繁殖しやすくなります。

そこに、カビの栄養源となるものが有ると一気に増殖していきます。

お風呂場では、人間の垢がごちそうになるようです。

春から夏に向け、
寒い季節から暑い季節になると、
浴槽にお湯をはらずにシャワーだけになってしまいがちです。

我が家でも暑い季節はシャワーが主になって、
使わない浴槽は、気がつくとカビだらけになってしまっています。
洗い場の床や壁・ドア廻りもしっかりとカビがはえています。

冬の加湿器用に購入していた「次亜塩素酸水」が残っていたので、これでカビの除去をしてみました。

Sponsored Link



次亜塩素酸水は、カビに対して非常に有効です。
カビキラーなどの主成分には、次亜塩素酸ナトリウムが使われていますが、
それと比べても非常に安全性が高く効果も負けていません

名称はよく似ていますが、
次亜塩素酸ナトリウムにつきものの
「混ぜるな危険」の心配が次亜塩素酸水には無いので安心・安全なのです。

次亜塩素酸水(原液濃度400PPM)を2倍に薄めたものを、
浴槽や壁床に霧吹きで散布して30-40分放置後、スポンジでこすってカビを落としました。

百均で購入した霧吹きなので、泡状にはならずそのため軽く拭いても取れるとまではいきませんでしたが、
少し力を入れるだけできれいにとれました。

「混ぜるな危険」の心配が無いので、先に洗剤で洗ってから散布しても良かったかもしれません。

次亜塩素酸ナトリウムは、ハイターやカビキラーに代表されるように匂いがかなりきついです。
手に着いたりしたら、いくら洗っても簡単には匂いは取れません。

その点、次亜塩素酸水は多少は匂うもののほとんど気にならない程度で、
手についても安心ですし水で洗えば匂いもすぐに取れます。

スポンジでカビ落としをした後は、カビの発生源になりやすいのが天井なので、
天井も良く掃除しておきました。

最後に、60度設定のシャワーを全体にかけて殺菌します(本当は熱湯が良いらしいのですがやけどしたくないので・・・)。

日頃の注意としては、お風呂上がりに壁や床をシャワーで良く流してから出るように気をつけています。
カビの栄養となる人の垢や石鹸水を残さないためです。

温度や湿度も下げるために、数分窓を開けてから出るようにもしています。

家族全員がそのように協力することが大事ですが、
それを徹底するのは、なかなか大変ですけど・・・
Sponsored Link



スポンサーリンク

風邪の種類と症状は?発熱や頭痛で眠れない時はどこを冷やすと効果的?

クリスマス2016年穴場デートスポット奈良・和歌山・滋賀大津編!イルミネーションやディナーも紹介!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る