梅の開花時期2017!大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀の名所と場所は?

2017年も早、一ヶ月が過ぎようとしています。
2月から3月中旬にかけては、梅の花が見頃になりますね。

近畿圏、
主に京阪神から
電車で行ける梅の名所と場所をピックアップしてみました。
スポンサーリンク


大阪の梅の名所

万博記念公園梅まつり
・場所:万博記念公園 自然文化園・日本庭園
・アクセス:JR京都線 茨木駅から近鉄バス約10分 日本庭園前から徒歩約5分
JR新大阪駅~地下鉄北丘線千里中央~大阪モノレール万博記念公園から徒歩約5分
阪急電車南茨木駅~大阪モノレール万博記念公園から徒歩約5分
・時期:2月18日〜3月2日 水曜日は休み
・入園:入園有料
入園受付は9時30分〜16時30分
・電話:06-6877-7387

自然文化園の梅林には、約120品種・約600本、
日本庭園の 梅林には、約35品種・約80本の梅があり、

合計 約155品種・約680本の梅の花を楽しめます。

・開花状況:公式HP開花状況



大阪城公園梅林

・場所:大阪城
・アクセス:大阪環状線 大阪城公園駅・森ノ宮駅から徒歩約10分
・時期:2月上旬〜3月中旬
・入園:散策自由
・電話:06−6755−4146(大阪城パークセンター)

内堀と東外堀の間の約1.7ヘクタールに、
約100株・約1270本の梅が植栽されている名所です。

品種が豊富なため、
早咲きのカンコウバイから、遅咲きのブンゴまで長く楽しめます。

木が低めに設定されているため、天守閣を背景に紅白の花が咲く光景が魅力です。

京都の梅の名所

北野天満宮
・場所:北野天満宮
・アクセス:円町駅から市バス(230円・所要約11分)
JR京都駅から同じ市バス(230円、所要約30分)「北野天満宮前」下車すぐ
・時期:2月上旬〜3月下旬
・入園:梅苑を有料で公開。参拝は自由。
入園受付は、10時〜16時
・電話:075-461-0005

境内には梅が植栽されており、その数は約50種・約1,500本。

2月25日には梅花祭りが行われます。
参拝は自由 5時30分〜17時30分、2月25日は21時ごろまで。



梅宮大社 神苑

・場所:梅宮大社
・アクセス:JR京都駅から市バス(230円・約33分)
「梅宮大社前」徒歩約3分

・時期:2月中旬〜3月中旬
・入園:入苑有料
入苑受付は9時〜16時30分
・電話:075-861-2730
梅宮花便り

境内全体で約35株、約400本の梅が植えられています。
多くが北神苑と西神苑にあります。



奈良の梅の名所

梅まつり
・場所:大和路線 柏原駅 道明寺天満宮 梅園
・アクセス:柏原駅から近鉄線「道明寺」駅〜徒歩約3分

・時期:2月10日から3月15日まで
・入園:有料
・受付:9時から16時30分
・電話072-953-2525



月ヶ瀬梅渓
・場所:大和路線 奈良駅または、関西本線月ヶ瀬口駅
・アクセス:
①JR奈良駅から奈良交通バス(1日に3〜4本)
(3月4日から26日は増便あり、1,400円、約82分)「尾山」下車すぐ。
②月ヶ瀬口駅から臨時バスで約15分
(3月4日から26日運行 電話0595-66-3715)で約15分

・時期:2月19日〜3月31日
・入園:散策自由 
・電話0743-92-0300 (奈良市月ケ瀬梅の資料館)

五月川の渓谷美と約10,000本の梅が織り成す
壮大な景色が堪能できる名所。
大正11 (1922)年には、いち早く国の名勝に指定されました。

周辺には公園もあり、梅の花を愛でながら散策が可能です。
「うめまつり」の期間は、
休日を中心に様々なイベントが開催されます。



青谷梅林
・場所:青谷梅林
・アクセス:奈良線 山城青谷駅から徒歩約20分

・時期:2月25日〜3月20日
「梅まつり」梅林の一部を開放
・入園:散策自由
・電話:0774−56−4019(城陽市商工観光課)


第14回大和郡山盆梅展
・場所:郡山城跡 追手門・追手向櫓 ・多聞櫓
・アクセス:大和路線郡山駅から徒歩約20分

・時期:2月4日〜3月9日
・入園:入場有料(前売り券あり)
入場受付は9時30分〜16時30分、土・休日は17時まで
・電話:0743-53-1151 (大和郡山市地域振興課)

城下町、郡山に春の訪れを告げる行事として親しまれている盆梅展。
お城の中で開催されるのが特徴。

厳かな雰囲気の中、
市内の愛好家が思いを込めて育てた本梅約120鉢が並びます。
外に広がるしだれ梅林に花が咲くと、
屋内、屋外合わせて梅を満喫できます。
スポンサーリンク


兵庫の梅の名所

梅花展
・場所:姫路城 西御屋敷跡庭園 好古園
・アクセス:JR神戸線 姫路駅から徒歩約15分

・時期:2月18日〜3月9日
・入園:入園有料
入園受付は9時〜16時30分
・電話:079-289-4120




播州綾部山梅林
・場所:眼下に瀬戸内海を望む高台にある風光明媚な梅園
・アクセス:JR山陽本線 網干駅から臨時バスで約25分
(2月11日~3月20日運行 電話0791-22-5180)

・時期:2月11日〜3月20日
・入園:入園有料
入園受付は9時〜16時30分
・電話:079-322-3551 (黒崎梅園組合)

2月中旬から3月中旬に、

リュウキュウコウメと紅白合わせて「ひとめ2万本」の梅が見頃を迎えます。
来園者には、梅ジュースまたは甘酒をサービス。

2月25日・ 26日は写生大会、26日には餅つき大会、
3月4日・11日は琴、3月5日は御津梅太鼓の演奏が有ります。

滋賀の梅の名所

石山寺
・場所:石山寺
・アクセス:琵琶湖線 石山駅から京阪線「石山寺」 徒歩約10分

・時期:2月10日〜3月20日は「石山寺梅つくし」が開催
・入山:有料
入山受付は8時〜16時
・電話:077−537−1105(石山観光協会)

石山寺は花の名所として知られる、紫式部ゆかりの寺。
約40種・約400本の梅が鑑賞できます。
2月10日から3月20日は、「石山寺梅つくし」が開催されます。
スポンサーリンク




第66回長浜盆梅展


・場所:慶雲館
・アクセス:琵琶湖線 長浜駅から徒歩3分
・時期:1月7日〜3月12日
・入館:有料
入館受付は9時〜16時30分
2/4〜3/5の土・日と2/13・14は20時まで
夜間開館日は名勝庭園と盆梅がライトアップされます。

・電話:0749-65-6521(長浜観光協会)

歴史や規模は「日本一」と称されます。
昭和27 (1952)年に始まった歴史、
会場の慶雲館は、
明治に迎賓館として建てられた近代和風建築で今年230周年を迎えます。

梅の大きさと樹齢は特筆ものです。
高さが3メートル近くある巨木や、樹齢約300から400年と言われる古木もあります。

盆梅の総数は約300鉢、開花時期に合わせて常時約90鉢が展示されます。
会期中はいつも見頃の梅を堪能できます。


こちらもどうぞ↓ ↓ ↓




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.9.25

冷凍肉を解凍して焼くのはダメ!解凍せずに上手に美味しく焼く方法でダイエット!

炭水化物制限(糖質制限)ダイエットでは、炭水化物を制限して、野菜やタンパク質のお肉等を中心とした食事法を紹介させていただきました。このダイエ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る