ノースフェイス・ヒューズボックスプロの使い方!BCとの違いは?

ザ・ノース・フェイスTHENORTHFACEの箱型防水リュック・ヒューズボックスが大人気です。

プロとBCの2種類ありますが、
容量30Lの大きさのサイズで旅行やアウトドアから、ノートPCを使うビジネスライクな使い方まで、
用途がめちゃくちゃ広くて便利です。

大きすぎず、小さすぎずのサイズ感は、絶妙に良い具合です!

これ以上大きいサイズだと、邪魔だし、小さいサイズだと収納が中途半端って感じになります!

街を歩いていてもよく見かけます。大学の近所だと学生さんの背中によく見かけます。

ノートパソコンやタブレットを持ち歩く時代になってきたので
それに対応したバッグやリュックは人気があるのですが
中でもこのノースフェイスの四角いリュックの使い勝手はバツグンです!

ノートPCやアイパッドなどのタブレットを常に持ち歩く私も、
このバッグの愛用者ですが、実はこのヒューズボックスにはBCとプロの2種類が存在します。
えっと思われて方もおられると思いますが、

両者の長所短所、何がどう良いのか、BCとプロの2種類の違いも含めて
実際の実用に伴ってレポートしてみました。

他メーカーの同等品と検討中の方や、ノースフェイスに決めていても
BCにするかプロにするかお悩みの方、ぜひ一読してみてください。


スポンサーリンク


TNFプロヒューズボックスとBCフューズボックス外観の違い

基本的な外観、形状に大きな差は無く、このバッグのコンセプトは同じと考えられ、
・四角い形状
・防水素材
・30リットルの容量
・15インチのノートPCが収容可能
などは、基本的に同じです。

形状は基本的に同じなのですが,縦の長さが少し違います。
プロは縦が2.5cm長くなり重量も165g増えます。
並べて置くと縦の長さの違いはわかりますが、持ったときの重さの違いは分からない程度です。

外観の大きな違いと言うと、
表面の”THE NORTH FACE“のロゴの大きさ色のバリエーションの違いです。

BC(フューズボックス)のロゴは大きく派手で、学生さんやアウトドア使用に人気です。
プロ(フューズボックス)のロゴは背中の下に小さく落ち着いた印象なので、社会人や大人向けって感じですね。

ロゴによって機能的に差が出るわけではないので、好みの問題と考えれば良いと思います。
あくまで好みなので、年齢関係なく選べば良いと思います。
(ちなみに私は両者持っていますが、見た目でなく後に書く機能差で使い分けています)

色のバリエーション圧倒的にBCの方が多いです。
各色とも定価は同じですが、実売価格は大きく違います。
人気色は高くなりますし、不人気色は安く出回ります。

機能に差はないので(当たり前ですが)、不人気色はお買い得ですね!

定価はプロの方が1000円位高くなりますが実売は、
BC 約9000~16,000円くらい
プロ 約11000~17,000円くらいですね。

フューズボックス・BCとプロの使い方や機能の違い

BCヒューズボックス
※両者の違いは赤字で明示

生地の材料:ポリエステル、ナイロン
形状:ボックス型 
大型ファスナー:上部の開口部は大きく開く
バッグ前面:ジッパーつきの縦型フロントポケット
デイジーチェーン:前面 太い

ショルダーハーネス:チェストストラップつき
サイドストラップ:バッグのボリューム調整可能

内部PCスリーブ:ノートPC15インチまで収納 パッド付き
内部オーガナイザー:取り外し可能
上部の蓋フラップ:内裏にジッパーつきメッシュポケット

重さ:1,085グラム
大きさ:46×33×15cm
容量:30L
定価:16,200円(税込)

2016カラー:(K)ブラック、(MW)ミリタリーグリーンウッドランド、(SP)セピアブラウンハイカープリント、(ZD)ジンクグレー×ダックグリーン、(BW)ブラック×ホワイト、(GB)ゴールド×ブラック、(SF)ソーラーフレアープリント、(GN)ジオデシックカモネイビー

アマゾンで購入↓↓↓

楽天で購入なら↓↓↓
楽天 ノースフェイスBCフューズボックス販売店一覧

yahooショッピング↓↓↓
BCフューズボックス 2017〜2018秋冬最新カラー


プロヒューズボックス

生地の材料:ポリエステル、ナイロン
形状:ボックス型 
大型ファスナー:上部の開口部は大きく開く
バッグ前面:ジッパーつきの縦型フロントポケット
デイジーチェーン:前面 細い

ショルダーハーネス:フレックスベント™(メッシュ仕様)
(ストレッチポケット付き
サイドストラップ:バッグのボリューム調整可能
側面:左右にストレッチポケット

内部PCスリーブ:ノートPC15インチまで収納 パッド付き
タブレット用ポケットも有り
内部オーガナイザー:有り 取り外し不可
上部の蓋フラップ:ジッパーポケット 外表側から

重さ:1,250グラム
大きさ:48.5×33×15cm
容量:30L
定価:17,280円(税込)

カラー:(K)ブラック、(AG)アスファルトグレー、(GC)ジオデシックカモ、(FB)ファルコンブラウン、(LK)ラインランドブラック

アマゾンで購入↓↓↓

楽天で購入↓↓↓
楽天 ノースフェイスプロフューズボックス販売店一覧

yahooショッピング↓↓↓
プロフューズボックス 黒の最安値
プロフューズボックス 黒以外の最安値

ヒューズボックス BCとプロの使用感の違い

背中に当たるパッドの仕様は、BCとプロは全く別物と考えて良いでしょう。
クッションの厚みもフィット感も全然違うレベルです。

プロの一番厚みのあるところで比べると
目視ですが、BCと比べてプロは約2倍、もしくはそれ以上に感じます。
背負った時の感覚も別のバッグのように感じるぐらいです。

プロは背中へのフィット感がしっかりしています。
クッションのすぐ裏の中のノートPCへの安心感も非常に高いです。

BCは裏地のポリエステルがそのまま触れます。
ノートPCとの間のパッドはしっかりしていますので安心です。

形状の違いはほとんど無いBCとプロですが、背面クッションの差で
背負った感覚はかなり違います。

背面クッションは薄めのBCですが、そのかわりチェストベルトがついています。
しっかりした登山用のチェストベルトにも決して引けを取らない物です。

上下移動もスムーズに出来るので背負ったときのフィット感は
これで補えます。
緊急用の笛も備わって、使用感もよく使いやすいです。

プロにはチェストベルトがついていません

背面がしっかりしたクッションのプロか、
チェストベルトで調整出来るBCか、

本格的な登山リュックも使用する私ですが
日常使用においてはBC,プロと甲乙つけ難いですね。
これも好みで選択してもよいかと思います。

夏の暑い時期はプロの背面クッションはちょっと
汗をかくと暑苦しいかもしれません。

それを想定してか、ハーネスの上部はメッシュ仕様になっています。
BCはメッシュ仕様になっていませんね。
ホント、甲乙つけがたい(笑)

ただし、プロには、別売りのチェストベルトをつける方法もあります。
↓ ↓ ↓
【メール便 送料無料】【即納】 エツミ E-6604 チェストベルト
本当は付属していてほしかった機能ですが・・・

プロには、右ハーネスの中間にメッシュの小物入れがついています。
ガラケーにはいいかもしれませんが、
スマホでは、小さいサイズでも厳しいですね。

私の所有するSONY・Z3compact(画面4.7インチ)でもポケットは小さく
上2割ほどはみ出ます。
これでは、不安で使えませんね。



スポンサーリンク


BCには背面下部に小物入れが有って、しょっ中取り出さないものには
良い格納場所になりますね。遊び心も有ってポイント高いです!

自立するかどうですが、少しポッチャリのBC
スリムな縦型のプロって感じで、背も少し低くややポッチャリのBCの方が安定しています。

プロには、持ち手にカバーがついていてしっかり持ちやすいですね。
BCにはカバーがないので、荷物の重量が増えると細くて不安定で持ちにくいです。

プロ↑


BC↑

プロの左右サイドポケットは同じ大きさで、一リットルクラスの水筒も入るので使い勝手が良いですね。

BCは、バッグ内部に格納スペースがあります。出し入れは面倒ですが、見た目にはスッキリしていて
個人的には好みです。バッグの自立にも一役買っています。



スポンサーリンク


BCとプロ共通は、前面の大きな外側ポケットです。
MacBookAir13inchが入るか試してみました。

ファスナーの開口部が少し狭いので(内容物が安易に飛び出さないようにと
思われる)MBA13を収納するときは入り口がギリギリ(中に入れば余裕の広さ)ですね。


肝心の内部PC収納です。
BCはシンプルに一室です。

プロは一室の中にタブレット用と思われるスペースが有り、
さらに飛び出さないようにベルトで固定できます。

オーガナイザーも共通ですが、
BCは取り外せます。

プロは取り外し不可ですが、
その分、バッグ壁面との間に大きなポケットがひとつ増えます。

以上、比較してみましたがやはり甲乙つけがたいですね。
個人的な感想は、

仕事用は圧倒的にプロですね。
外観が落ち着いているのと背部クッションが厚めなので
ノートPC、タブレットへの安心、安全感。
鍵や小物を上部ポケットの外側から取り出せる(蓋を開けなくて良い)

★プロヒューズボックスの大手通販ネット一覧はコチラ↓

 
 
遊びには自立しやすいBCが便利。蓋を開けっ放しで物を出し入れしやすい。
背部クッションが薄めなので内部を大きく広げて使いやすい。
オーガナイザーを取り外してザックリ使える。

★BCヒューズボックスの大手通販ネット一覧はコチラ↓

目的が明確だと選びやすいんですけど・・・

本音を言うと、両方有ると便利です(笑)。
収納力が有るので、目的別に荷物を入れっぱなしに出来て
必要なときにさっと持ち出せます。

アイデア次第で、色々使えますよ!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。




ピックアップ記事

2016.9.15

スズメバチに刺されない対策は黒い服装に気をつける?種類や巣、逃げ方は?

スズメバチの被害が多い8月9月に登山やハイキングに行かれる方は、スズメバチへの対策や対処法は、どのようにされていますか。黒い服装や帽子が危険…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る