血液型ダイエットのA型B型O型AB型別食材を紹介!食事やレシピに取り入れて、本当に痩せる?

海外セレブのミランダ・カーが、産後17kgのダイエットに成功した血液型健康ダイエット法の紹介です。SMAP×SMAPの番組でも紹介されていました。「血液型によってかかりやすい病気やかかりにくい病気が違うという研究結果」をもとに、アメリカ人のピーター・J・ダダーモ博士が提唱した方法で、ABO各血液型に合ったダイエット方法が有るということです。

スポンサーリンク

ダダモ博士の説に依れば、食物のほとんどに含まれるレクチンという物質がそのキーワードになるようです。レクチンは含まれる食物によってその作用が違い、血液型に合わないレクチンを含む食物を大量に摂取すると、体調を崩しやすくダイエットに悪影響が出るということです。

ダイエットに良いと言われる食材でも、血液型によって良し悪しが有ると言うことですね。食中毒でも、同じ食品を食べているのに発症する人と発症しない人がいます。そういう意味では、このダイエットの理屈は医療人としては大変興味がありますが、はたしてどうなんでしょうか?

早速、みてみましょう!


血液型の特徴と、食材の相性は?

O型
人類発祥の地といわれるアフリカで一番多い血液型で、人類の最初の血液型とも言われます。全世界でも一番多い血液型です。
狩猟民族がルーツであり、そのため胃酸の分泌がよくて動物性タンパク質の消化が良く、脂肪の蓄積も少ないです。肉・魚などの動物性タンパク質がからだに合っていると言われます。ダイエットには、動物性タンパク質がポイントです。そのため、O型のダイエットには一般的なダイエット食品である野菜やフルーツ、ヨーグルトをメインにするのは効果が薄いかもしれません。また、植物性タンパク質は苦手のようで大豆製品など豆類、穀物類、乳製品はおすすめできません。
・おすすめ食材
赤身の肉類、魚介類
・おすすめしにくい食材
小麦製品、大豆など豆類、乳製品、芋類、穀物類

A型
日本では人口の約4割を占め、農耕民族の血液型と言われます。そのため植物性の穀物や野菜などが体に適していると考えられます。
動物性のタンパク質や動物性脂肪、乳製品が消化されにくい傾向があります。ちなみに、私はA型なのですが牛乳を飲むとすぐにお腹がピーピーになって下してしまいます。量を摂り過ぎないように注意が必要です。また、動物性脂肪の多い肉類より魚を選ぶ方が良いです。肉類を食べるのであれば鶏肉がおすすめですね。農耕民族がルーツのA型には和食が適しているといえます。
・おすすめ食材
野菜・穀物・豆類中心に摂取するのが理想的です。緑黄色野菜に大豆製品(納豆、豆腐、味噌、小豆等)、魚介類、玄米など
・おすすめしにくい食材
A型は乳製品を摂取するとからだの新陳代謝を悪くするため牛乳、ヨーグルト、チーズは最小限に。肉類は鶏肉中心にして、それ以外の肉類は最小限にするのがダイエットに有効です。


スポンサーリンク

B型
B型は肥満が少ないと言われ、ダイエットに適した血液型かもしれません。遊牧民の血液型と言われ、いろいろな土地に移動する生活様式ゆえに、厳しい環境下で様々な食べ物に対応出来ます。インドなど中央アジアに多い血液型です。消化酵素の分泌が非常に良く免疫力も高いため、幅広い食物に対応可能です。全血液型の中で最も消化能力が高いとされ、唯一乳製品も問題有りません。乳製品、肉類(特に牛肉、羊肉)、魚介類、卵、緑黄色野菜、キノコ類、穀物類を食べることで、さらに太りにくい体質へと変えていくことができるでしょう。なんでもOKな様ですが、小麦やトウモロコシ、ピーナッツ、豆類、ごまは太りやすくなるようです。
・おすすめ食材
赤身の肉(牛肉、羊肉)、レバー、魚類、卵、緑黄色野菜、乳製品
・おすすめしにくい食材
小麦やトウモロコシ、ピーナッツ、豆類、ごま

AB型
最も新しい血液型と言われ、A型とB型の両方の特徴を持っています。一番少ない血液型で全人類の約5%以下です。
やせやすい・やせにくい食材は、それぞれA型、B型と共通する傾向ですが、肉類の得手不得手などA型とB型で相反する物もあります。豆腐、魚介類、乳製品、緑黄色野菜、キノコ類を食べることで太りにくい体質へと変えていけるでしょう。
全体的にバランスよく食材を摂ることが理想的です。
・おすすめ食材
大豆製品(味噌、豆腐、納豆)、魚介類、緑黄色野菜、低脂肪の乳製品
・おすすめしにくい食材
牛肉や赤身の肉の取りすぎは脂肪として蓄積されるので注意、小麦やトウモロコシ、インゲン豆


個人的な感想ですが

食材に対してのからだの反応が各個人において違うというのは、納得できます。
ダイエットに対しても参考すべきだと思いますが、あくまでも参考の範囲内で実施するのがよいですね。ダイエットに良いと言われる食材を食しているのに効果に疑問があるときに参考にすると、案外発見が有るかもしれません。

ちなみに私はA型ですが、炭水化物を制限するダイエットが一番効果が出ます。
肉類摂取は問題なく、牛乳は好きなんですが飲むとすぐに下してしまいます(ある意味、水分排出減量ですが・・・笑)。
厳密にはAO型といわれる型なのでAとOの両方持ち合わせているかもしれませんね。

あくまで参考程度でみてくださいね。

関連記事

コメント

ピックアップ記事

2016.7.1

蚊に刺されやすい体質には蚊取り線香で対策?屋外ではアロマが効果的?

”蚊に刺されやすい人と、そうでない人”って、夏になるとよく話題になります。 刺されやすい体質の原因として体臭があげられますが、 対策…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る