腋臭や体臭の原因は衣服かも!洗濯物の部屋干し対策が大事です!

梅雨から暑い時期にかけては特に体臭が気になりますが、その対策をしていても着ている服が臭ってしまっていたら・・・
特に梅雨の時期は、外に洗濯物が干せずに、部屋干しとなることも多いですよね。

部屋干しに失敗したら衣服は悪臭を放ち、再度洗濯するはめになります。

スポンサーリンク

衣服が臭うのは衣服に付いた雑菌が原因なのですが、この雑菌は汗や体温の影響でさらに悪臭を放ちます。
体臭と思っていたのが、服についた雑菌が原因となっていることが非常に多いので、今回は洗濯物の干し方、特に天気の悪い時の部屋干しについて書いてみます。

匂いの原因となるのは、モラクセラ菌という細菌です。
この菌は、家庭の中のどこにも存在していて、通常の洗濯では死滅しません。

化繊のTシャツなどは、いくら丁寧に洗っても、着てしばらくすると匂ったりする経験はお持ちの方、多いと思います。
モラクセラ菌は、皮脂を栄養にして増え、湿気が多いとさらに増え続けます。
汗をかくとシャツが匂う、のはそういう理屈ですね。

①菌を増殖させない、②除菌する、というのが基本的な考え方になります。

①菌を増殖させないためには、5時間以内に濡れた衣類を乾燥させることが大事です。
速く乾燥させるには、いくつかポイントがあります。
干す順番は、一番外側にバスタオルなど表面積の大きめ(長め)のものを干します。両側に干すと良いです。

スポンサーリンク

バスタオルの外側から乾燥し始め、湿気が外に逃げるため内側に干した中~小さめの衣類等から、湿気が外に向かって放出され対流を起こし、効率よく乾燥します。
外が長くて、中になるほど短く干す為、橋の形に見えるのでこの干し方をアーチ干しと呼ぶようです。

また、
各洗濯物の間隔はこぶしの大きさ位で、ハンガーは太めを使い空気の通りを良くする、ジーンズなど厚手のものはポケットの裏部分など乾きにくいところが空気に触れるように裏返して、タオルは真ん中で二つ折りにせずなるべく端で折り返してチョイ掛けする。

室内で干す環境としては、
扇風機を下からあてて空気の通りを良くする、除湿器で湿度を下げる、ことによって一時間位早く乾きます。

他に、
柔軟剤を適量(多すぎると逆効果)入れることによって衣類に膜を張って乾燥しやすくなったり、脱水時に洗濯槽に乾いたタオルを入れると水分を吸収してくれ脱水効果が上がります。

②一度匂いのついたものは、
酸素系漂白剤を40~50度のお湯に入れ、洗濯物をその中にゆらゆらと泳がせ、浸透したら30分放置して、そのまま洗濯機へ放り込みます。あとは①の要領で干します。

酸素系漂白剤の代表的なものを調べました。

・シャボン玉石けん 「酸素系漂白剤」
・KAO 「ワイドハイター衣料用漂白剤 粉末タイプ」
・LION 「ブライトW 衣料用漂白剤」
・BRIGHT「手間なしブライト」

塩素系漂白剤と違って、きつい臭いも無いし色抜けもほぼ無く、手にも優しいので安心です。


追加------------

部屋の中の干す場所によっても乾燥時間が違います。邪魔にはなりますが、部屋の真ん中に干すと良いです。

これは、空気の通りが一番良いのが部屋の真ん中で、部屋の隅っこは湿気がたまって良くないです。

乾く間、邪魔だけど我慢。

また、扇風機を廻してあげると効果的です。が、その風で乾かすのではなく、洗濯物の間の湿気を逃がすことがその役目です。風の強さは弱で十分です。

あと、前述した「ズボンも上着も裏返して干す理由」として、
表面積が増えるということと、縫い目が空気に触れやすく乾燥が早くなります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

2017.5.23

共謀罪って何が問題なの?いつ成立?わかりやすく説明します!

最近、国会で「共謀罪」という何かこわそうな名前が、話題になっていますが、そもそも共謀罪って何なのでしょうか? 簡単に言うと、「団体行動とし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る