骨粗鬆症の予防食品に紅茶(アッサムティー)!テアフラビンの効果大?

50代女性の3人に一人は骨粗鬆症と言われています。
骨粗鬆症とは年齢とともに、骨がスカスカになってしまう病気です。
骨がもろくなるので骨折しやすくなったり、そのため寝たきりになる原因のひとつでもあります。


カルシウムが必要というのは周知の事実で
、
煮干しや小魚を食べたり

牛乳を飲んだり

・ヨーグルトなどの乳製品を食べたり、など
されている方は多いと思います。
しかし、

カルシウムを取っていればそれで良い?のでしょうか?


慶應義塾大学 整形外科医 宮本健史先生によると、
そうではないようです。先生の話をまとまてみました。
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">


骨粗鬆症は、なぜ骨がすかすかになるのか


骨粗鬆症になる理由は、
骨の破壊と骨の修復バランスが崩れてしまっているからです。


骨には、
骨の古くなった部分を破壊する破骨細胞と、
その破壊された部分を修復する骨芽細胞という細胞があります。



両者が、バランスを保つことで丈夫な骨が作られます。


古くなって取り壊した骨の一部を
、正しく修復して常に健康で丈夫な骨が維持されるということですね。



取り壊しすぎてもいけないし、
正しく修復も出来ないといけないということです。



骨の修復時に必要なのがカルシウム

骨を正しく修復するときに必要なのがカルシウムです。

建物で言えば建築材料みたいなものですね。
これが無ければ、腕の良い職人さんもお手上げです。



しかし、20代を過ぎると破壊と修復のバランスが崩れ始め
両者にズレが生じてきます。
破壊が通常通り行われても、修復がそれに追いつかなくなってきます。


結果として、骨の形成が遅れ骨密度が薄くなり
骨粗鬆症になっていくのです。

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

骨粗鬆症を防ぐには、どうすれば良いのか?


紅茶を飲むことが骨粗鬆症に有効であると最近わかってきました。

紅茶に含まれる成分である「テアフラビン」という成分が、

骨を破壊する破骨細胞を減らす効果が有るということが
新たにわかったのです。



大阪大学のマウス実験によると
、紅茶に含まれる成分「テアフラビン」を骨粗鬆症のマウスに投与すると、
3週間後に破骨細胞が半分以上減り、その結果、骨密度は2倍に上がったということです。


「テアフラビン」は、紅茶の赤い色の元になる成分で
茶葉を発酵させるときに出来るものらしく、
最新の研究によると、紅茶の中でもアッサムティーに最もたくさん
含まれていることがわかりました。





骨粗鬆症に良いアッサムティーの効果的な飲み方は



アッサムティーをさらに効果的にするには、

夕食後や寝る前に飲むのが良いそうです。


理由は、破骨細胞と骨芽細胞が活性化するのは眠っている時なので、その直前に飲むのが良いようです。

ただし、
紅茶にはカフェインが含まれますので、骨に良いからと飲みすぎて
しまうと眠れなくなるので要注意ですね!



宮本先生の話以外にも紅茶の効能は素晴らしいです↓↓↓

紅茶はダイエットにも有効

紅茶カテキンには糖分分解酵素、カフェインには脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用がありダイエットにも有効です。

水を与えたラット群と紅茶を与えたラット群の実験では、
肝臓周囲の脂肪や中性脂肪が水を与えたラット群よりも紅茶を与えたラット郡の方が、はるかに少なかったということです。
さらに、紅茶を与えたラット軍のほうが、体重の増え方も2割少なかったということです。

カルシウムの栄養補給

カルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。
カルシウムを含むなんて、一石二鳥ですね。

紅茶はうがいにも効果

紅茶でうがいをすると、風邪ウイルスやインフルエンザにも有効です。
出がらしで効果があり、即効性があるようです。
市販のうがい薬よりも効果が強いという、驚きの結果も出ているようです。

水虫の白癬菌への殺菌効果もあるようです。
うがいによって、口臭も予防して、さらにテアフラビン・紅茶カテキンは歯垢を予防する効果もあります。
タンニンには、歯のエナメル質強化に有効なフッ素が含まれます。

お徳用ティーパックの紅茶は注意が必要!

価格の安い徳用ティーバックの茶葉は成熟したものが多く、成熟した茶葉はフッ化物を多く蓄積しています。
フッ化物は、長期間摂り続けると、骨粗しょう症を起こしやすくなり逆効果ですので要注意です。

安い物でないものなら、幼い葉を使っているため問題は有りません。
気になる方は、注意してください。

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

まとめ

骨粗鬆症に、骨を強くするカルシウムが良いというのは周知の事実ですが、

骨を壊されないようにするには紅茶(特にアッサムティー)を夜に飲むという最新情報でした。



美味しい紅茶で強い骨をつくり、色々と効果のある紅茶を有効活用しましょう!
ただし、長期連続で飲用する場合は、お徳用ティーパックは避けたほうが良さそうですね!


コチラもどうぞ↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 25日

ピックアップ記事

2015.11.23

雲海の竹田城跡から車中泊後、三徳山投入堂やマイスター工房八千代に行ってきました!

前日、竹田城跡の近くで車中泊しました。朝4時の起床です。 「今日は天気が良さそう!」。車中泊は早起きになるので一日がすごく長く、有効に使え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る