日本茶の種類の違いと特徴!緑茶・煎茶・ほうじ茶は何が違う?

日本茶を飲むと私はホッとした気分になります。コーヒーや紅茶も好んでよく飲みますが、日本茶を飲むのとはちょっと意味が違うような気が私はします。飲食店に入ったとき、日本茶は頼まなくても、当然のように出てきますね、もちろん無料で。何の気兼ねもなく、すっと飲むことが出来ます。それで気持ちもカラダもホッと一息つけますね。

そんな身近な日本茶ですが、意外と種類による違いや、産地ごとの違い、一番茶や二番茶?、知らないことが多いような気がしますね。日本人としては、知っておかないといけないような気がする、日本茶の豆知識を今回は書いてみました。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

緑茶って煎茶のこと?

まず緑茶という名称の定義ですが、緑茶というのはチャノキ(茶の木)というツバキ科ツバキ属の常緑樹の木の葉から作ったお茶があって、その中でさらに、摘み取った茶葉を加熱処理したのち、発酵を妨げたもののことを言います。もしくは、それにお湯を注いで、成分を抽出した飲み物のことを言います。
日本では緑茶イコール日本茶という定義で良いと思います。

緑茶は日本の茶の総称で使われ、それが煎茶・ほうじ茶・抹茶などに分類されます。実は、中国茶やジャスミン茶、ウーロン茶、プーアル茶も緑茶なのです。

日本茶の種類と違いと特徴は

一般的に知られる日本茶(緑茶)を大きく分類すると、煎茶(せんちゃ)、深蒸し煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、抹茶(まっちゃ)、てん茶、玄米茶、ほうじ茶、番茶になります。
味はなんとなくわかっても、どう違うのかなかなか説明できませんね。簡単にまとめてみました。

①煎茶
煎茶は、緑茶の中で、代表的なお茶で一般的によく飲まれているお茶です。
茶の木の生葉を加工して初めて製品となります。生葉は摘まれた瞬間から酸化酵素の働きによって発酵が始まります。

その発酵を、新鮮なうちに熱処理(蒸す・炒る)で止めてしまったのが緑茶です。さらに、葉の形を整えて、水分を下げてある程度に乾燥させて、保存できる状態にしたのが荒茶の状態です。このような製法で作られたお茶を煎茶と言います。

②深蒸し煎茶
蒸す過程を、普通の煎茶より2倍の時間かけます。より濃厚な抽出した飲み物になります。

③玉露
新芽が2~3枚開き始めたら、茶園全体をヨシズやワラで20日間ほど覆って、日光をさえぎって育てたお茶のことを「玉露」と言います。最近は、化学繊維の寒冷紗(かんれいしゃ)で覆う方法もあるようです。日光を遮って新芽を育てると、アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が抑えられるため、渋みの少ない、旨みが豊富な味になります。海苔に似た「覆い香」が特徴です。
同様な製法で、被覆期間が玉露より一週間程度短い緑茶は「かぶせ茶(冠茶)」と言われます。

④てん茶
抹茶の原料となるお茶です。玉露よりさらに日光をさえぎる時間を長くして育てます。生葉(一番茶)を原料とします。蒸した後、揉まずにそのまま乾燥し、茎や葉脈などを除いた後、細片が「てん茶(碾茶)」となります。「碾(てん)」は挽臼の意味です。石臼で挽いたものが抹茶として出荷されます。

⑤抹茶
てん茶を出荷する直前に石臼で挽いたものが「抹茶」です。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">


⑥番茶
番茶は、「番外茶」という意味から名づけられたと言われます。番外の意味は、大きく4種類に分類され、茶葉の摘採期や品質、地域などによって、いろいろな意味があります。

1. 一番茶:一番茶の手摘み、あるいは若芽を摘採した後の遅れ芽を摘採したもの。品質は良い。
2. 秋冬番茶:三番茶を摘採せず、そのまま枝葉を伸ばしたものを秋に摘採したもの。出回っている量としては一番多い。
3. 頭:仕上げ加工の段階で、大きく扁平な葉を切断せずにそのまま取り出しで製品化。
4. 京番茶・阿波番茶など:非主産地で地元消費を目的として、特殊製法で造られた茶。

1〜4とも、日本茶の主流から外れた番外のお茶のことを称して番茶と呼んでいます。また、遅く摘み採ったお茶=「晩茶」から転じて番茶とも言われます。

⑦ほうじ茶
煎茶・番茶・茎茶などをキツネ色になるまで強火で炒った(ほうじた)お茶。香ばしさが特徴。ほうじ機でほうじ香がでるまで約200度で加熱し、そのあとすぐに冷却されます。ほうじると、カフェインが気化して、味わいもすっきりとします。

⑧玄米茶
水に浸して蒸した玄米を炒って、それとほぼ同量の煎茶や番茶を加えたお茶のことを玄米茶と呼びます。炒った玄米の香ばしさが特徴です。玄米が半分なので茶のカフェインが半分に抑えられることによって、ほうじ茶と同じくカフェインが少ないため、子どもや高齢者の方におすすめですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.1.19

2017GWの天気で旅行イベントが心配!沖縄から北海道まで天気出現率で予想!

2017年4月〜5月のゴールデンウィークももうすぐです!今年は、 4月29日(土)、30日(日)、5月3日(水)、4日(木)、5日(金)で…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る