結婚式が会費制 ご祝儀の渡し方は?披露宴のみ・パーティーは

おめでたい結婚式に呼ばれるのは、華やかで私は大好きです!結婚式といえばご祝儀ですが、一昔前は、金額の相場はほぼ決まっていたし、決まりごとのように包んで持っていったので、あまり深くは考えなかったのですが(お金の工面だけ考えました。笑)、最近は気軽に来ていただけるようにとの気遣いで「会費制」と指定されることも多いようです。

会費制と、通常のご祝儀の違いがわかっていないと、恥をかくこともあるかもしれません。金額は?挙式と披露宴両方よばれても会費?包んで持っていく?新札がいい?飲み会の会費みたいに財布から出して払っていい?思いついただけでも結構ありますね。両者の具体的な差と、実際の現場の状況について、まとめてみました。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

結婚式が会費制のときご祝儀や会費は、どうやって渡す?

パーティーであることを考えると、会費は常識的に考えて、10,000円くらいまでが相場であることが多いと思います。通常はご祝儀分も含まれていると考えて、別にお金を用意することは有りません。指定された金額を持っていけば良いだけです。しかし、何かに包んでいくのか、ご祝儀のようにご祝儀袋に入れないといけないのか、財布から直接出して手渡ししてもいいのか、など色々と気にはなりますね。

会費制となっている以上、当日渡すお金はあくまでも会費です。忘年会や新年会の会費はどうやって渡しますか?基本的には、飲み会の会費と同様に考えても問題は有りません。
財布から直接出して支払っても、全く問題無いということです。多少のご祝儀分も含まれるとしても、あくまでもパーティーの会場代や食費代なので、わざわざ包んで持っていく意味は有りません。

飲み会の会費と違うのは、結婚式ならちゃんとした受付がセッティングされている場合が多いということです。受付の人や幹事さんが、会費を受理して中身を確認して整理しやすいように、封筒に名前と金額を書いて渡せばベストかなと思います。

ご祝儀は後から開けるもので、金額も一定とは限りませんので、受付の人は受け取ってご本人たちに手渡すだけで良いのですが、会費制のときは支払った人の前で金額確認が必要なはずですので、その手間を少しでも軽減したあげることに気を使ってあげれば、と思います。当たり前のことですが、お釣りが出ないようにちょうどの金額を持っていくのもマナーですね。

結婚式が会費制の時、新札にする?

お札自体も、新札でなくても当然問題ありませんね。ご祝儀であれば新札を包むのがマナーですが、会費制なら、新札を持っていっても、全部一緒くたにされるのが、おちですしね。
また、新札は新札同志がくっついて集計や金額確認を間違えやすいことも有ります。私は会費制のときは新札でなくてもわりとキレイめなお札を選んで、一回軽く折り目つけてから持っていきます。
お札は新札でなくても良いと言っても、おめでたい席ですので、あまり汚いお札は控えたほうが良いです。


スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8646557581419377"
data-ad-slot="5905907045">

自分の結婚式で、すでにご祝儀を貰っているとき会費だけでいいの?

親戚とか、仲の良い友人の場合は、会費以外に別にご祝儀としてお金を包むとか、プレゼントするとかが良いですね。自分自身が先に結婚して、すでにご祝儀を頂いている場合(三万円とか)は、会費が1万円としたら差額文を別にご祝儀としてお金を包むとか、相当額のプレゼントとかも良いかもしれません。親戚同志も相場が決まっていると思うので、会費以外のお祝いはご祝儀として必要なことが多いと思います。

ただし、当日の受付の人は会費を受け取るだけの役割のことが多いので、ご祝儀やお祝い品は事前に本人たちに直接渡しておくことがマナーですね。

まとめ

披露宴だけ呼ばれても、パーティーだけ呼ばれても、二次会でなく結婚式という形式なら、会費制の場合は、

・会費は包んだり、袋に入れなくても財布から直接支払っても問題は有りません。
・受付の人の手間を省くため、封筒に名前と金額を書いて渡す気遣いはOK。
・新札でなくても良いですが、あまり汚いお札はやめましょう。
・ご祝儀を渡したいときは、会費以外で包んで別の日に、本人達に渡しましょう。

最後、付け足しですが、会費制といえども結婚式という形であれば、服装(ドレスコード)は通常の結婚式と一緒のはずです。服装も気軽にというわけでないのでご注意を!(結婚式によって異なる場合もありますので、ご確認は取ってください)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 17日
  2. 2017年 6月 22日

ピックアップ記事

2017.3.9

紫外線対策の帽子の選び方!おしゃれな色で効果的にUVカット

春から夏に向かって紫外線が強くなってきますね。昔と違って日光浴とか小麦色の肌という概念は、最近は有りません。 大人の男性・女性、子供、赤ち…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る