結婚式の主賓挨拶のお礼の手紙の書き方!渡すタイミングは?

結婚式を身近に控えたカップルにとって、式場ぎめから招待する人をピックアップしたり、その中から誰に挨拶してもらうか、誰に乾杯の音頭を取ってもらうのか、などなどやることが目白押しでほんとに目がまわりそうになりますね。私自身の結婚式の準備の時もそうだったし、招待してくれた友人や先輩、後輩が大変だったのも目の当たりにしてきています。今回はその中でも、主賓の挨拶をお願いした上司や先輩などに対してのお礼やお礼の手紙のことについて、私の体験や、また世間一般の常識もふまえ、書き記してみました。

結婚式の主賓挨拶のお礼はどれ位?

まずはお礼ですが、どのようにしたら良いのでしょう?お金や品か、どちらが良いのかも悩みますが、基本的にはお金で10000円くらい渡すのが無難です。お金を渡さずに引き出物のランクを上げて渡すという方法も聞いたことが有りますが、他人の引き出物の中身と比べるわけではないので、ありがたみは少なそうです。現金が分かりやすくておすすめです。2万や3万円など過剰に包みすぎると目上の人に対しては、逆に失礼になりますので、遠方から来ていただいた方ならお車代として別に包むのが望ましいですね。

主賓の挨拶か、乾杯の音頭をとっていただくか、両者とも主賓クラスの方で甲乙つけがたく最終的にどちらかの役割をしていただいたような場合は、両方の方に同じように謝礼を渡すのが良いですね。

まとめると、主賓の挨拶をお願いした両家のお一人づつと、乾杯の音頭が主賓クラスの方なら、その方と三名にお渡しするのが最近の方法のようです。結婚式のプランナーの方などは、式を華やかにしたいと思う気持ちからか、他の挨拶の方にもお礼を渡すように勧める場合もあるようですが、三名でよいと思います。あとは、受け付けをしていただいた方は、他の方よりも早めに来ていただいているので、主賓クラスほどはいらないですが、少しお礼を渡した方が良いと思います。

お礼の手紙の書き方や渡すタイミングは?

マナーの本などによると、挨拶や乾杯をしていただいた主賓クラスの方や、出席していただいた親族の方へは、あとでお礼状を送っておきましょう。という風に書いてあることが多いですが、実際のところは、引き出物の中にお礼の手紙やカードを入れることが多いようです。一筆箋が良いと思います。一筆箋に手書きで書いてあるだけで、充分気持ちは伝わると思います。

一筆箋は縦書きで、
書き始めは、

・「相手の名前」=〇〇〇様、
・「書き出し」一行=本日は・・・、
・「本文」二~四行=心温まるお言葉をいただき・・・、
・「結び」一行=今後とも末永く・・・、
・「自分の名前」=〇〇 △△雄、

という風にお互いの名前以外の本文は三~五行くらいにすると、見た目もすっきりした感じになります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 26日




ピックアップ記事

2016.10.12

ノドグロの旬の刺身・塩焼き!日本海石川県の宿の会席メニューが美味しい!

のどぐろの旬っていつ?でしょうか。 実は、一年中脂がのっていて特別に旬は無く、 どの時期でも美味しいと言われています。 晩秋から冬…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る