結婚式直前に欠席 ご祝儀のお返しや料理・キャンセル料は?

結婚式直前に欠席しなければならないって、意外にあるんですね。

私の結婚式の時も遠方からの友人が、仕事でどうしても遅れてしまうということで、結局欠席扱いになりました。その後の二次会は参加してくれました。前日や当日の突然の欠席もあるかもしれません。

事前に対処法を知っていれば、慌てることもないので、間近に式を控えているカップルの方、ぜひ頭に入れておいてください。


スポンサーリンク

結婚式直前に欠席!ご祝儀のお返しはどうなる?

ご祝儀を頂いた額から、キャンセルできなかった料理などの費用を差し引いた、残りの金額の半返しが基本になります。

結婚式直前に欠席!引き出物や料理のキャンセルは?

式場との話し合いになりますが、席次表のように印刷してしまったら終わりではないので、融通はきくと思います。

あらかじめ打ち合わせもしておいた方が良いですね。式が近づいてきてから、もめたりするのも嫌ですしね。



スポンサーリンク

結婚式直前に欠席!席次表はどうする?

招待客は両家合わせると百人を超えるのは普通にあります。この全員が当日に確実に来ていただけるという方が、むしろ不思議なくらいです。

一生に一回の晴れ舞台ですから、他の用事よりも最優先してくれてはいると思いますが、やはりどうしようもない急用もあります。席次表は、出来るだけギリギリまで作成を遅らせてもらうほうが良いでしょう。

友人の欠席ならまだしも来賓クラスの方の欠席者が席次表に載っているのは、呼ぶ方も呼ばれる方もあまり良い気がしませんものね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 08日




ピックアップ記事

2015.11.23

三徳山投入堂 時間と服装・天候に注意しないと入山不可!

前日、竹田城跡の近くで車中泊しました。朝4時の起床です。 「今日は天気が良さそう!」。車中泊は早起きになるので一日がすごく長く、有効に使え…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る