貧血にならない方法・予防対策は!食べ物で症状改善!?

貧血とは、血液中に含まれるヘモグロビンの濃度や赤血球数減少して、血液が薄くなっているような状態のことです。元気いっぱいのスポーツ選手から妊婦さん、さまざまな方に起こりますが、貧血気味と感じていても、そのままほったらかしになっている場合が多いですね。一般的に多いのが鉄欠乏性貧血です。症状と原因をよく知って、予防や対策をしっかり行いましょう!


スポンサーリンク

貧血の症状は?

貧血になると、さまざま症状が現れます。何となくだるいのが、いつまでも取れない。いつも眠い。頭痛もち。吐き気やめまい、立ちくらみでフラフラする。顔色が良くない。元気がない。ちょっと早足するとすぐに疲れる。ひとことで言えないような全身の体調の崩れなどがある場合、貧血が疑われます。ずっと長年、カラダの調子がしっくりこないと思われている方は貧血が原因の可能性が有ります。また、貧血自体がもっと怖い病気の症状の一つのこともあるので注意が必要です。

特に女性は男性より貧血になりやすいといわれ、成人女性の約20パーセント近くが貧血といわれています。貧血の症状と原因を知って、予防・対策をしましょう。

※貧血によく似た症状に起立性低血圧があります。座った状態や寝た状態から立ち上がる時に起こるめまいは、貧血ではなく起立性低血圧です。

貧血の原因は?

貧血の原因としていくつかあげてみました。

・ダイエットなどで偏った食事をしているため、栄養のバランスをくずしている
妊娠・出産・授乳による鉄分不足
月経不順や月経過多による出血、ホルモンバランスの乱れからくるうっ血
ケガで多量の出血、痔の出血
・胃潰瘍や胃炎など病気による継続の出血
造血機能が低下する病気

では、どのように貧血の予防や対策を行うのでしょうか?



スポンサーリンク

貧血にならない方法・予防策は?

予防や対策の基本として、

食事で鉄分をしっかり摂取する
・運動量は多すぎても少なすぎても貧血の原因になるので、適度な運動が大切
睡眠不足にならないように
・ストレスは貧血の敵。ストレス解消が大切

食事で鉄分摂取をするには、

鉄分の多い食べ物を食べるのが基本ですが、鉄分は吸収率が1~20%と悪いので、さらに
鉄分の吸収を良くする食品、
造血作用がある成分を含む食材を並行して取ることによって、取り込んだ鉄分を、効率よく吸収し、ヘモグロビンとして血液中に取り込むことが大切です。

鉄分の多い食べ物は、

食品に含まれる鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄というものに分類されます。ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品にふくまれています。非ヘム鉄は穀物や野菜などの植物性食品や卵に含まれます。非ヘム鉄は吸収が良くないのですが、ヘム鉄と一緒に取ると吸収が良くなります。両方の食品を同時に取るようにしましょう!

ヘム鉄:肉類(特に牛レバー、豚レバー、鳥レバー)、魚類は赤身の魚(マグロ、カツオなど)、青魚(アジ、サバ、イワシ)
非ヘム鉄:豆類(納豆、豆腐、油揚げ、枝豆)、野菜(小松菜、トウモロコシ、菜の花、ほうれん草)、切り干し大根、乾燥ひじき、青のり、そば、ごま

鉄分の吸収をよくする食べ物は、
鉄分の吸収を良くする栄養素として、ビタミンC、タンパク質、があります。鉄分と同時に取ることが大切です。

造血作用がある成分を含む食材は、
ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸を含む食材です。
ビタミンB6は、にんにく・レバー・まぐろ・かつお等・ビタミンB12は、魚介類(しじみ。赤貝、すじこ等)・レバー・海苔(のり)、葉酸は、枝豆・モロヘイヤ・ブロッコリーに多く含まれます。

食べ物以外に、適度な運動、睡眠、ストレスの解消を心がけましょう。そうすることによって、さらに貧血への対策となります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

2017.3.9

紫外線対策の帽子の選び方!おしゃれな色で効果的にUVカット

春から夏に向かって紫外線が強くなってきますね。昔と違って日光浴とか小麦色の肌という概念は、最近は有りません。 大人の男性・女性、子供、赤ち…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る