お守り持ち方 複数持っているとケンカする?期限はどれ位?

お守りたくさん身につけている、家に持っている人、結構いてますよね。自分で買ったり、人からもらったり、気づかないうちに増えたりします。
それと、受験のときに貰って、合格して縁起が良いのでそのまま何年も、同じお守りを大事に持ち続けているという方もおられると思います。

神社やお寺のお守りだから粗末に扱えませんものね。複数のお守り持ち方や、身の付け方、有効な期限ってあるのか、お守りのことについて書いてみました。


スポンサーリンク

お守りの持ち方

まず、基本的なお守りの持ち方ですが、とくに決まっているような様式は有りません。
ただし、神様の分身だということを考えると粗末に扱うことは禁忌ですね。
お守りの内容にもよりますが、交通安全や恋愛成就・縁結び、合格祈願や勉強に関するもの、健康や家内安全、出産、厄払いなどは常に自分の身につけておくことが望ましいですね。

大事に扱うものですから、カバンの外にキーホルダーでブラブラはいただけませんね。
カバンの中やカバンの中のポケット、ポーチに入れる、スーツの内ポケットに入れる、財布に入れるなど、神経質にならない程度に大事に扱いましょう。

家庭円満・家内安全・商売繁盛などの御神札のような家で保管するお守りは、タンスなどの中に保管するのではなく、目につく場所で高い位置に見えるように置いておきましょう。
神棚が有ればそこで良いのですが、ない場合は東か南の方向に札が向くように壁や柱に置きます。

複数のお守りで神様はケンカする?

お守りをたくさん持ち歩いていると、神様がお互いにケンカするよって聞きますが、そんなことは有りません。
ひとつの神社の敷地内にいろいろな神様が祀られているのはよくあることですし、神様同志がケンカするということは基本的にありません。

ただ、複数のお守りを身につけていると、扱いが雑になることは考えられますので注意しましょう。お守りは神様の分身ですから。



スポンサーリンク

お守りの期限って有る?

期限というものは基本的にはありませんが、通常は1年間と考えておいてください。
日本の文化・風習で古いものは汚(ケガ)れてくるという考えで、新しいもの好きの神様は、それを嫌うからです。
古いお守りは、神様の力が落ちてしまいます。

1年経過したものは、お守りをいただいた神社へお返しすることになります。納札所と書いてあるところにおさめてください。
その際、新しいお守りをあらためて買うのが理想ですね。

遠方で購入したお守りで返しに行くのが難しい場合は、近くの神社にお願いしてみましょう。通常は問題ないはずですが、受け付けてくれないところも有りますので、必ず確認してください。
郵送も受け付けくれる神社もあるので確認の上、郵送してください。ご自分で処分するときは、お守りを白紙で包み、粗塩をひとつまみ入れて燃やすという方法も有ります。

スポンサーリンク

貧血にならない方法・予防対策は!食べ物で症状改善!?

極度の方向音痴病気?車の運転や道の覚え方を克服・治すには

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る