ヤマカガシがいる場所や特徴と見分け方・毒の強さは?噛まれたら

日本に生存する有毒の蛇は、マムシとハブと長年言われてきました。近年になって、無毒と思われていたヤマカガシが、実は日本最強の猛毒をもつ蛇ということがわかりました。ヤマカガシは、おとなしいので基本的には人にかみつかず、長年無毒と思われていたのです。ハブやマムシより猛毒で日本各地に住むヤマカガシ。噛まれないための対策や、万が一噛まれたら、特徴や見分け方をお伝えします。

なぜ住宅街でヤマカガシに噛まれたのか?



スポンサーリンク

2017年7月29日に兵庫県伊丹市の小学5年生の男の子がヤマカガシに噛まれて、一時意識不明の重体の状態になりました。林や森などではなく、閑静な住宅街の公園で起こりました。住宅の近隣で起こったことなので、非常に怖いですね。子供たちの間で、蛇を捕まるヘビ刈りという遊びが流行っていて、ヘビにちょっかいを出したのが原因のようです。

10歳の男の子は、噛まれてしばらくは大丈夫だったようですが、帰宅後、出血が止まらず頭痛を訴え、その後に意識不明になったようです。幸い、意識は回復しましたが、なぜ今回の一件が起こったのでしょうか。

ヤマカガシがいる場所は?エサは?

ヤマカガシは、北海道を除く日本各地のいたるところに生息しています。体調は1mから、大きいもので1m40㎝くらいになります。カエルをエサにしていて、水田や河川敷きに多く生息しています。近年はカエルの減少により、ヤマカガシも減少してきていると言われています。

今回の公園の近くには川が流れていました。カエルを主食とするヤマカガシにとって、その近くの公園は出没する範囲だったのですね。水田や河川敷など、カエルがイそうな場所に近い遊び場や公園は、子供にとって要注意です。

ヤマカガシの特徴・見分け方は?

ヤマカガシの特徴と見分け方ですが、やっかいなことに地域によって様々です。地の色はくすんだ緑色で、黒い斑点が見かけられます。赤い色が入る場合もあります。赤い色と黒い斑点があればほぼ間違いなくヤマカガシ。赤い色が無くてもくすんだ緑に黒い斑点があってもヤマカガシと判断できます。黒い斑点が特徴と覚えてください。ちなみに、近畿では全身がくすんだ緑色が多いです。性格は臆病で、本来はみずから人に噛みつくことはめったにありません。人が近づきすぎて自己防衛のため噛みつきます。

また、表面のうろこの質感が、シマヘビやアオダイショウのようにヌメっているのでなく、ヤマカガシはくすんでガサついた感じです。



ヤマカガシの毒の強さは?その理由は?

ヤマカガシの毒の強さは、マムシやハブの数倍の毒性が有ります。日本で最も毒の強いヤマカガシ、噛まれると大変なことになります。数秒以上噛まれると、毒が血中から体内に回ってしまいます。噛まれてすぐには症状が出ないため油断すると、数時間から一日で、歯ぐきや傷口から出血が止まらず、激しい頭痛に襲われます。ひどい場合は、急性腎不全や脳内出血も起こります。血液内の血を固める血小板という成分を壊すためです。

毒性が強い理由はヒキガエルをエサとして食べるからです。ヒキガエルは体内に毒を持つため、他のヘビは食べません。ヤマカガシは、その毒に耐性が有るので食べることが出来るので、その毒がヤマカガシの強い毒性の元になります。

ヤマカガシは無毒と思われていた!?



スポンサーリンク

ヤマカガシの被害では、4件の死亡例が有ります。1972年に中学生がヤマカガシに噛まれて亡くなるまで、ヤマカガシは無毒と思われていました。元来は臆病なヘビなので人にかみつことが基本的に少なかったからだと思われます。

ヤマカガシに噛まれない対策は?

ヤマカガシに噛まれないためには、とりあえず余計な手出しをしないことです。臆病な性格のヘビなので、自ら人に噛みつきに行くことは少ないはずで、今回の小5男児の件も、手出しをしたことが原因と考えられます。過去には、ヤマカガシを写真に撮ろうと、携帯電話をさしだして噛まれた女性の例もあります。近づかなければ安全と言えます。

ヤマカガシに噛まれたらどうしたら良い?

それでも万が一、噛まれた場合は市販の毒吸引器が有効です。一刻も早い応急処置が大切です!15分以内に毒を吸い出すのが理想です。30分過ぎると効果がなくなるので、手元に一つ用意しておくのが良いですね。私も登山や渓流釣りには必ず携行しています。値段も2000円くらいで、ハチに刺されたときにも有効ですよ。応急処置のあとは、必ず医療機関に向かってください。

ただし、毒吸引器は簡単そうで、意外と使用法がわかりにくいので、購入したら使い方を予習しておいてください。使い方が分からず、時間が経過したら意味が有りません。

まとめ

・ヤマカガシは日本で一番猛毒を持つヘビである。
・ヤマカガシは北海道を除く日本各地に生息している。
・ヤマカガシを見かけたら近づかない!写真を撮ろうと、遠くから手を伸ばしてもだめ!
・応急処置は15分以内に毒吸引器を。使い方を予習しておくこと!
・医療機関に必ず行くこと!

スポンサーリンク

白山登山道 日帰りコースタイムと駐車場 大阪からアクセス

白山ホワイトロードの滝がすごい!見所と駐車場(旧スーパー林道)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る