アークテリクスアロー22容量や使い勝手を検証!登山は?偽物見分け方は

アークテリクスというブランド名は知る人ぞ知るって感じなのですが、私も大好きなカナダのアウトドアブランドです。
ザ・ノースフェイスやパタゴニアなどのアウトドアブランドが日本では一般的には有名ですが、
それよりさらに高級志向で、商品の値段も同じような内容なら1.5〜2倍くらいします。
日本のメーカーのモンベルと比較したら2倍以上って感覚ですね。

好日山荘などの登山ショップでも、割引セールの時、アークテリクス商品だけは対象外だったりします(笑)。
そんなアークテリクスの中でもリュックの超人気商品がアロー22です。

クリスマスや誕生日プレゼントにも、定番人気商品は喜ばれます!

アークテリクスアロー22の容量や仕様は?



スポンサーリンク


アークテリクスで、まず目につくのが始祖鳥のブランドマーク!個人的には、これがカッコイイ。
子供の頃、恐竜や化石の類が好きだったので、余計にそうなるのかも知れません。
ひょっとしたら、男性の方が好むブランドなのかなって気もします。

商品名からも分かる通り、容量は22リットルです。私の他のブログでノースフェイスのボックス型リュックも紹介していますが、それとは異なり独特の形状をしています。
その形状が賛否両論ですね。

見た目の形は、好みも有るでしょうが、非常にカッコイイです。ボックスリュックの四角いのも好みですが、趣は全然違いますね。

では、実際にどのような使い勝手か、私が所有のアロー22に、色々と日常品を入れて試してみますね。

ボックスリュックでは収まりの良いノートPCですが、アロー22ではどうでしょう?
macbook13インチで検証です。

問題なく入りますね。入るけどちょっと不安定です。ノートPCはケースか何かあったほうが安心ですね。
また、15インチのノートPCは大きいですが、ちょうどピッタリですね。ファスナーは余裕で閉まります。
ヒューズボックスと違って専用のポケットが無いので、単独では動いて不安定です。他に、物を入れたら安定します。

A4の書類や単行本などは全く問題なしです。

メインの収納場所内の伸縮ポケットには、ipad(air)の9.7インチがピッタリ入ります。奥の方までしっかり収まるので安心です。
マックブックを保護ケースに入れて、ipadairと共に、リュックに収納してみました。

ファスナーは防水ファスナーです。ノースフェイスのヒューズボックスは素材は防水ですが、ファスナーは防水では無いので、雨に激しく当たるとファスナー部分から水が浸透します。
アロー22は、その点は安心です。万が一、水が侵入してきた場合、水抜き穴か水が抜けるようにもなっています。ヒューズボックスは水抜き穴が無いので、水が溜まります。

水抜き穴から水が入るじゃないかって意見も有りますが、アロー22の水抜き穴は外側のポケットのみです。あとは、個人の好みですね。

アロー22の両サイドには、ペットボトル(写真は600ml、ちょっと大きめです)が入れられるポケットになっています。片側はベルクロで閉まるので、小物入れにも出来ます。細かい点に気配りされているのがアークテリクスの良さと値段の高さですね。ブランド名で単に値段が高いのではなく、細かい所の作りは非常によく出来ています。こればっかりは購入して使ってみないとわからないかもしれません。

アークテリクス・アロー22の使い勝手は?

実際に背負ってみるとわかるのですが、リュックのショルダーベルトの作りが秀逸です。私は、登山用リュックをいくつも持っていて買い替えもしてきたのですが、普段使いのショルダーベルトとして考えたら非常によく出来ています。

肩に当たる感じが、ソフトなのにしっかりしているため、重いものを入れて持っても、空で背負っているときとほぼ同じ感じで背負えます。
個人的な意見ですが、この点は、ヒューズボックスと比べると明らかにアロー22の勝ちですね。ランクが2〜3ランク違うくらいに感じます。

リュックにとって非常に大事なところなので、ここを評価される方は絶対に買いですね。スキー用のアークテリクスのリュックも持っていますが、それと比べてもアロー22の勝ちです。細かいところのこだわりを非常に感じます。

メインの収納場所ですが、外側のポケットも容量がそれなりにあるので、内側にたいして若干圧力感というか、狭さを感じます。パンパンに膨らませて物を詰め込むバッグという感じでは有りません。逆にノースフェイスのヒューズボックスは四角の形状なのでパンパンに詰め込めます。使い方しだいですが、荷物をとりあえず詰め込むような使い方には、アロー22は不向きですね。

スマートにかっこよく使うって感じです。

アークテリクスアロー22の偽物って?見分け方は?



スポンサーリンク


シャネルやグッチなどの高級ブランドの偽物ならよく聞くけど、アウトドアブランドにも偽物は多数出回っています。
実際に商品を手にとって見分けるというのは、あからさまに違う点があれば別ですが、本物を持ったことが無い人には、けっこう難しいと思います。

両者を並べて比較してもわかりにくような精度の高い偽物もあるようです。明らかに違うのもあります(笑)

大事なのは、信頼できないところから購入しないことです。

偽物率が高いのは、オークションサイトですね。個人の人がちゃんとした販売店で購入した中古品や未使用品を売る場合は、大丈夫な事が多いのですが、よくある偽物パターンは、

新品なのに価格相場から異様に安く、数も複数出品されているパターンですね。これは、ほぼアウトと言えます。
写真は本物を使って、送ってくるのは偽物。連絡してもつながらないってパターンです。

次に、商品名でネット検索していて引っかかったページで、商品が異様に安い値段で売られてる海外サイトの販売ページですね。ぱっと出てきて、数日かそこらで消えていくようなサイト。数日で荒稼ぎしているのかもしれません。

URLがNORTH TACEみたいになっていたらヤバイですね(FACE→TACE)。また、NORTH FACEになっていても本来ならあるTHEが無いとか(笑)。あと、事務所の日本の住所が実在しない。使われている日本語がちょっと変?は、気をつけてくださいね。
 

 
 
↓クリスマスや誕生日プレゼントなら、もちろん自分用にも↓


 
楽天市場アークテリクス・アロー22最安値ショップ

 
yahooショッピング・アロー22一番人気ショップ
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 10日




ピックアップ記事

2016.10.27

クリスマス2016年穴場デートスポット奈良・和歌山・滋賀大津編!イルミネーションやディナーも紹介!

2016年ももうすぐ終わりですね。 12月はクリスマスというビッグイベントが待っています。 関西は奈良・和歌山・滋賀大津のクリスマスのイ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る