おわら風の盆 場所取りのコツと駐車場!混雑さける楽しみ方

おわら風の盆は、2016年は9月1(木)2(金)3(土)日に行われました。私は関西から車で向かい専用駐車場に停めて2日の金曜日の昼の部と夜の部を見に行きました。

公式HPではわからない現場での状況を2017年に行かれる方にレポートします。

場所取りのコツを知っていると知らないとでは、風の盆の見所が全く変わってきます。

表題の写真は、一番の見所で上手に最前列に場所取りが出来た結果です。以下の写真も同様です。

初めて行かれる方にも、要領良く出来るように、オイシイ部分をレポートしたいと思います。

おわら風の盆 駐車場状況

スポンサーリンク



おわら風の盆の駐車場は富山市八尾スポーツアリーナ駐車場になります。ここ以外に民間の駐車場は八尾(「やつお」と読みます)村にはありません。万が一、満車になった場合は八尾村以外に停めて電車でJR越中八尾駅まで来るしかありません。

ここの駐車場は約1600台停められるようです。かなりの規模です。第一~第四まで有りましたが,私が行った2日目の午後3時の時点で第3駐車場に廻されました(1→2→3→4)と埋まっていくようです。バス乗り場から遠くなっていきますが、歩いて1、2分程度の差くらいですので不自由は有りません。

夜の部に訪れるのが遅くなると、停められる保証は無いようです。おわら風の盆を見物後、午後11頃にこの駐車場に戻ってきましたが、第4駐車場にもたくさん停まっていましたので、満車に近い状態だったかもしれません。

おわら風の盆 食事について

おわら風の盆の会場内は、食事をするところはたくさんあります。屋台もお店もありますので、不自由はありませんが、昼と夜の部の間の17:00~19:00は混み合います

私は駐車場に停める前に近くのスーパーでお弁当を買って持ち込みました。オレンジマートというところで買い出ししましたが、富山駅方面へ少し行くとガソリンスタンドやコンビニ、今回行ったスーパーなどがあります。会場から車で約10分くらいです。もちろん、会場の屋台でお祭り気分を味わうのも良し、この辺は好みですね。費用は明らかにスーパーの方が安いですが・・・笑。

おわら風の盆 送迎バスについて

駐車場の入り口側の建物の前が、会場への送迎バスの乗り場となります。大きなバスですが、行列ができています。多いときは1時間以上待つようです。私は待つのが苦手なので、「旧町」と呼ばれる風の盆の開催区域会場まで歩くことにしました。第三Pと第四Pの間の井田川沿いの道を南に向かいます。

橋が見えて来たら、右折して橋を渡ります。しばらくそのま道なりにまっすぐ歩くと、道路の右前方に大きな八尾総合病院と、その広い駐車場が見えてくるので、そこを左折します。先ほどの橋を渡りきったところにも、病院前の左折するところにも、警備員さんおられるので、方向を聞けば親切に教えてくれます。駐車場から15~20分で越中八尾駅に着きました。

越中八尾駅の高架を渡って駅の反対側に降ります。駅前では、おわら風の盆会場の案内図が無料で配られているので、必ずそれを貰ってください。後ですごく役立ちました。これが無かったら、身動きが取れないところでした。駅前には、既に屋台がたくさん出ています。たまたまですが、屋台の間ですでに踊りが始まっていました。約5分間程度でしたが、昼間の明るいときにも見られてラッキーでした。

屋台の間を10分ほど歩いて抜けると、川が見えてきます。そこにかかっている橋を渡り、その右手側からいよいよ会場の始まりです。駐車場から、ここまで、屋台や踊りを見ながらだったので、約50分ぐらいかかりました。

おわら風の盆の会場内に入って、目指すは諏訪町の19時からの町流しです。駐車場の送迎バスはこの会場の近くまで送ってくれます。私は、歩いたので越中八尾駅の屋台の雰囲気や、途中で踊りも見れたので、歩いて正解でした。

おわら風の盆 会場と場所取り

スポンサーリンク



おわら風の盆の会場内では各町で踊りが披露されます。おすすめは諏訪町の流しおどりです。19時から始まるので場所取りが必要です。さきほど貰った案内図によると19時からは諏訪町3.4丁目、21時以降が1.2丁目となっていたので一番奥の3.4丁目に向かいました。食事は買ってあるので、場所取りに直行しました。

17時半の時点では、空きが2割ほどあったので、なるべく諏訪町の奥の方まで行ってから、道筋の最前列に陣取りました。18時過ぎには最前列はほぼ埋まったように思われます。そこからは、その後方に2列目・3列目と埋まってきました。4・5列もにもなると、その後ろは家の玄関・塀なので、もう並ぶことはできません。そうこうしていると、18時半過ぎに踊りの流しが来ました。もう始まったのかと思いましたが、数分で終わってしまい、あとから考えると前座のような感じでした。

そのあと、静かになった道には、約15分くらい前からガードマンの人が道の真ん中に立ち、続々とくる見物客の方を追い返していました。追い返されても、最前列のさらに前にすわろうとする不届者もいましたが、道幅いっぱいに踊りは行われますので、注意されて追い返されます。列の後ろは、すでにいっぱいでもう並べません。

追い返された場合、1.2丁目まで戻らないといけないので、諏訪町の流し踊りが見られのは数時間後ということになってしまいます。おわら風の盆のメインといえる諏訪町の踊りが見られない、という事態になりますので、このあたりが今回のレポートでも一番のポイントになると思います。

おわら風の盆 見物のポイント

スポンサーリンク



先にも書いたように、諏訪町の流し踊りを見ないと魅力は半減します。他の町も素晴らしいのですが諏訪町は別格に思えます。自分も参加して踊りたい方は、他の町で輪踊りをしています。輪踊りは自由に踊りの列に参加できます。流しの踊りも、いつどの町で始まるかわからないので、うろうろしていたら、突然始まったりします。

諏訪町の踊りに戻りますが、19時に始まって少しずつ前方に移動してくるのですが、その速度が異様に遅いのです。沿道で待機しているので、自分の前にやってきてくるのを、待っていないといけないのです。しかし、50m先に姿がみえてきてから自分の前に来るのに、大げさでなく数十分かかります。19:10ごろに姿が見え始め、目前に来たのは19:50くらいでした。そのかわり目前でゆっくり10分くらい、おどってもらえました。

沿道の各家がお花代として、お祭りに寄付をされているようなのです。寄付をされた家の前で、立ち止まってお礼の踊りをするので時間がかかるのです。その家の前に座れたらラッキーです。私が座っていた場所の後ろの家も、お花代を寄付されていたようで、ラッキーなことに目の前でかなり長くこちらを向いて踊ってもらえました。

どの家が寄付されているかどうかは、残念ながらわかりません。でも、長い列なのでその家の真ん前でなくても、十分楽しめます。

目の前での踊りは、素晴らしいの一言、感激です。音響機械を一切使わずに、楽器(胡弓、三味線、太鼓)と人の歌声だけです。にぎやかなお祭りとはうってかっわた静寂。この臨場感が大変素晴らしく、動画では、決してこの臨場感は味わえません。ぜひ現場で見られることをおすすめします。

おわら風の盆 トイレについて

案内図にトイレの位置は明記されています。場所取りした後に、トイレに行くと混雑で帰ってこれなくなる可能性もあります。踊りが始まったら、一切その横を通り抜けすることはできません(見逃すと並びなおして数時間後しか見れません)ので、混んでいても早めにトイレは済ませておきましょう。

おわら風の盆 まとめ

以上、思いつくままに長々と書き綴りましたが、とりあえずアップします。
写真、動画を追加しながら2017年に向けて、役立つレポートになるよう随時更新したいと思います。

2017年は、青春18切符で行ってきました↓

スポンサーリンク

パタゴニア・ダウンジャケットのクリーニングを自宅で洗濯する方法!格安!

間人ガニが格安価格の穴場温泉宿!丹後「よ志のや」プロデュース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ページ上部へ戻る