「こち亀」がギネス世界記録認定。ダイエットやリバウンドのギネス最高記録は何キロ?

「週刊少年ジャンプ」に40年もの間にわたって連載され続けた漫画、こちら葛飾区亀有公園前派出所愛称「こち亀」が「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス記録に認定されました。最新のコミックスが200巻目で、その数が世界記録として認定されるようです。

少年ジャンプの連載は40年間一度も休むことなく連載されていたみたいですね。作者の体の管理もさることながら、アイデアを絞り出すのも大変だったと思います。私自身もこの漫画が好きで自宅にはコミックスが30冊くらいはあったと思います(200は無いです)。本当に素晴らしい記録ですね。

ギネス最高記録と聞いて、ダイエットに関するギネス世界記録が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ダイエットのギネス記録って一体何キロ?

ダイエットに関するギネス記録には、「世界一の減量」というのがあります。この減量に成功したのはマヌエル・ウリベさんというメキシコ人の男性です。ウリベさんは減量だけでなく「世界一体重の重い人」としてもギネスの記録に認定されています。つまり、世界一太って世界一たくさんの重さの減量をしたということですね。

具体的には一番太っていた時の体重は560キロで、太り過ぎていたため外出が出来ずに自宅のベッドの上でほとんどの時間を過ごしていたようです。高カロリーの食事を制限できずこのような事態になったようです。
しかし、アメリカやメキシコの医師とともに減量に挑んだ結果、なんと200kgの減量に成功しました。もとの体重が500kg以上あったからできた記録ですね…

世界一のリバウンド記録は?

次の、ダイエットに関するギネス記録は「世界一のリバウンドした記録」です。その記録の持ち主は、ニューヨーク在住であった、マイケルへブランコさん(1953年5月14日- 2013年7月25日)。世界で最も重い男性の一人であり、病的肥満に苦しんでいました。ダイエットのカリスマである運動コーチのリチャードシモンに指導を受けて2年間でなんと体重90kgに。その後は、ダイエット経験の講演やテレビ番組に出演したりタレント活動をしたりで活躍されましたが、ご褒美にと仕事の後に好きなものを食べていたようです。太ってもまたダイエットすればよいと過信していたようです。しかし、一度制限を解くと歯止めが効かなかったのでしょう。7年間で450kgまでリバウンドしてしまいました。なんともスケールの大きなリバウンドですね。

減量記録もリバウンド記録も、普通では有りえない数字でした。
通常のダイエットに関しては、下記の記事をどうぞ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

君の名は。糸守の湖のモデル・聖地諏訪湖を高ボッチ高原から眺めた【ネタバレ注意!】

【ネタバレ注意】映画「君の名は。」の隕石落下事故は本当にあった?隕石湖は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。




ページ上部へ戻る